« 塩キャベツ | トップページ | 唐揚げ丼 »

2019年4月24日 (水)

八戸南部家

八戸南部家の分家筋から、浄法寺の嫁いだ方が、嫁入りの時に持参したものです。

当時、500円の持参金をもって嫁いだそうです。

大正末期のことです。

現在の貨幣価値にすればどれぐらいだったんでしょうか。

10個残っていたもので、6個はそのまま使えそうです。

梨地で、とても形のよう椀です。

使ってみたい方はお問い合わせください。

しかし、これを梨地と呼んだ先人の美的センスに脱帽です。

漆器の文様を蝋燭の煤でつけたり、醤油で引き込まれるような褐色の色を出したりします。

日本の職人を大切にしたいものです。

0404043

https://airinjuku.jp/

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

« 塩キャベツ | トップページ | 唐揚げ丼 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩キャベツ | トップページ | 唐揚げ丼 »

ウェブページ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31