« 平成最後の鍋焼きうどんか? | トップページ | 建材への漆 »

2019年4月18日 (木)

二戸七観音

いつの頃に始まったかは不明ですが、二戸地方には7月10日(旧暦)に二戸郡内の七観音をお参りする風習がありました。
日の出とともに出発し、その日のうちに帰宅したそうです。
二戸七観音は時代によって変化がありますが、中心に天台寺が置かれたことは間違いないようです。

1 天台寺 (二戸市浄法寺町)
2 中里観音 (二戸郡一戸町)
3 実相寺観音 (二戸郡一戸町)
4 鳥越観音 (二戸郡一戸町)
5 岩谷観音 (二戸市福岡)
6 朝日観音 (二戸市石切所)
7 似鳥観音 (二戸市似鳥)

7番札所は元々は飯近観音で二戸市浄法寺町にあったのですが、いつの頃からか似鳥観音に移されました。
全部を回ると距離にして50kmぐらいでしょうか。
現在の主要道路とは違い、当時の街道は山の尾根などを通っていましたから、距離はもう少し短いかもしれません。
それでもかなりの距離を一日で回ったわけですから、当時の人の脚力には脱帽です。

 

0404034_1

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

 

 

« 平成最後の鍋焼きうどんか? | トップページ | 建材への漆 »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成最後の鍋焼きうどんか? | トップページ | 建材への漆 »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31