« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

浄法寺椀の謎は深まる

浄法寺町は岩手県北部で、町には八葉山天台寺という中尊寺より開基が少し古い寺がある。この町は昔から漆の原液の集産地として有名であり、私が初めて浄法寺に行ったのは昭和40年頃は漆の掻き子が12名ほどいた。

浄法寺の箔椀は南部藩の注文によって作られていたため、古文書が残っている。それによると「箔椀や木地を横流しした者を掴まえれば褒美として具持ちを渡す」という内容で、「正保2年6月20日(南部文書)」とあるが、かなり厳しく取り締まっていたことがわかる。

南部箔椀は、秀衡椀の影響を受けているが、秀衡椀とははっきり違った特色を持っている。

形は秀衡椀が縁が内にかかえ気味で高台が曲線状で黄漆をあるのに対し、浄法寺椀は縁は内にかかえず、高台も直線状で外に開いていて秀衡椀との違いがはっきり解り、紋様は秀衡と較べるとかなり様式化されている。雲型の縁も単調になり、したの方まで下がり、その方形の切箔を四枚菱形に置き、その間に太めな箔を一枚置いている。また、雲形の中に紅柄漆で細い線を網代状に描いている。花などの紋様は秀衡は十数種類あるが何故か浄法寺箔椀は枝菊ががほとんどで、菊の花が二三輪に蕾と葉がかなり達者な筆致で描かれている。その菊紋は黄漆・黄粉蒔絵、また箔絵の場合は引っ掻きか、描き割りで花弁を描いている。また、高台に鋸状の切箔を置いたものもあり、秀衡より過食が多く手が込んでいる。この箔椀は四重、それに吸物、壺、平椀を加えた五つ椀もある。この椀は秀衡同様、身分のある旧家に伝わっている。

宮城県金成の有壁本陣に秀衡椀とともに伝わる南部箔椀は、殿様などの接待用使っていたということである

浄法寺にはこのような上手の椀のほかに、一般庶民用の雑椀や酒上などがあり、北海道にも大部出したという。雑椀は内外黒で胴に赤漆で草花や鶴、鹿などが少ない筆数で巧みに描かれたものや黒や紅柄の無地がある。また六寸ほどの木皿には銀杏、橘、 茫、瓢箪、桃などの絵柄が余程描いたらしい。絵も益子の山水土瓶のようにぎりぎりに単純化されたもので、どれひとつとっても見事な紋様である。浄法寺やその近辺の野良に出る時、やきものより軽いので木皿を無造作に背負籠に入れて持っていって、煮物やご飯を食べるのに使ったいたという。

浄法寺町の旧家に箔椀で五ヶ一組で五器、違った形の五ヶ一組を持ち伝えている家があって見せていただいたが、よく見ると上物であって特に気張って作った様子がない。この辺が浄法寺椀の良いところではないだろうか。

株式会社里文出版 平成12年10月号 目の眼

Iimg800x6001544252773ounwcj137312-1_3

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

 

 

2019年5月30日 (木)

煮物椀

100年ぐらい前に作られたお椀です。

ヤフオクで薬殺されました。

千葉方面に嫁ぎました。

使っているうちに根来風になってくると思います。

剥がれてきたら塗りなおして使ってほしいです。

後日、残りも出品しますのでお楽しみに。

Iimg800x6001544252773ounwcj137312-1_2

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀朱

価格:13,500円
(2019/5/31 10:09時点)
感想(0件)

2019年5月29日 (水)

伊加古

古代の東北は大和朝廷への抵抗の歴史でした。
胆沢地方のアテルイと並び称されるのが、古代爾薩体(現在の仁左平)族長イカコです。
盛岡周辺まで大和朝廷の支配が及んだ後でも、奥中山以北は蝦夷地で大和朝廷には帰順していません。

二戸市内の某所には「アイヌ檀」と呼ばれる遺跡があります。
弘仁2年(811年)、大和朝廷は爾薩体の蝦夷を討ちます。
このときに抵抗したのが伊加古(イカコ)です。


胆沢のアテルイほど脚光は浴びていませんが、
中世の伊達政宗と九戸政実の関係を彷彿させるような、東北地方の中央政権への抵抗です。

地元では「伊加古の会」のようなモノを結成し、往事を偲んでいます。


Image_3614_400_0


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

2019年5月28日 (火)

天台寺と漆

謎多い寺・天台寺。
そこに残されている歴史遺産のなかで、雅楽面は個人的に好きです。
14~16世紀の作と言われています。

何ともいえない不思議なお面です。
ところが、天台寺に伝わる雅楽は、実は宮内省に伝わる雅楽と同じようなモノなんだそうです。
そうすると、長慶天皇伝説と関連しておもしろいことになるかも。

天台寺と漆に関する電子書籍書き始めました。
楽しいです。
出版出来たら宜しくお願いします。

Hakuchizu

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

2019年5月27日 (月)

今日はレコード整理

今日はレコード整理を朝からやっています。

昨夜にはアンプを交換してみました。

音が格段に良くなっています。

アナログ人間といわれてもレコードは良いですよ。

10年前に比べて中古レコードの価格が高騰しています。

自宅の物置に不要なレコードはありませんか?

捨てる前にご一報ください。

Imgp4012

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

エコストアレコード

 

明治初期の注文書

明治4年ごろから明治末にかけての注文書です。

こちらは明治になったためか半分ぐらいは読めます。

漆芸の歴史を調べている方には興味深い内容です。

酒田や新潟方面の地名が見られますので、もしかしたら北前船による物流の資料かもしれません。

こちらも電子書籍による公開を考えています。

気長に原稿を書きますのでよろしくお願いします。

Rimg0046

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2019年5月26日 (日)

古文書

浄法寺町内の旧家から出てきた古文書。

秘伝書です。

同じ日本語名なのに、8割は読めません。

全く情けなしです。

義務教育で英語を教えるより、古文書の読み方を教えたほうが日本のためです。

AIの発達で語学の壁はどんどん低くなっています。

さて、この古文書を電子書籍化しようと思います。

紙での出版は費用と在庫管理が難しいですが、電子書籍であれば個人でもなんとかなりそうです。

出版のできた際は、ぜひ購入をおお願いしたします。

Rimg0045

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

楽天

2019年5月23日 (木)

なぜかアクセスが急上昇

昨日のアクセスが急上昇です。

22222人目のキリ番を軽く超えてしましました。

キリ番の方、自己申告ですのでお知らせください。

複数あった場合は無効とさせていただいて、次回にキャリーオーバーとします。

それにしても、時々アクセス数が急上昇する日があってビックリです。

Iimg800x6001544252773ounwcj137312-1_1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 浄法寺椀溜め

価格:7,020円
(2019/5/23 17:42時点)
感想(0件)

2019年5月22日 (水)

漆塗り蕎麦猪口

20年ぐらい前に山中漆器の生産者から購入していた蕎麦猪口です。

漆をたっぷり塗ってありますので丈夫です。

ぜひ使ってほしいです。

大きさも手ごろで、布着せもしてあります。

Rimg0004_1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2019年5月20日 (月)

縄文の流れ

古式浄法寺塗の最大の魅力はその絵付けにあります。
施された漆絵は大らかで時として稚拙と表現されます。
他の漆器産地ではあまり見ることのできない精神性の高い紋様が特徴です。
古式浄法寺紋様として描かれた漆絵は、家紋や草花文、熨斗文、鶴亀文から、大津絵や古九谷の紋様につながる暮らしの歳時記がのびのびと描かれています。
 
江戸期の商人たちの手により、北海道のアイヌとの交易品として使われ、アイヌ民族では「イタンキ」と呼んで神事に欠かせない器となったのも古式浄法寺紋様で描かれた漆器です。

 

また、アイヌたちはアムール川流域の山東人達ともイタンキを使って交易し、現在でも時々ロシアでは古式浄法寺紋様の漆器が発見されるようです。北方の民族は、驚くほど古式浄法寺紋様の漆器を大切に扱うそうで、その精神性は青森県の三内丸山遺跡などに連なる縄文文化の魂なのかもしれません。

 

35d635fb113bc939dadd55b85606a8c3

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

2019年5月19日 (日)

塗り箸と箸置き

塗り箸と箸置き出てきました。

箸置きは、ちょっとしたツマミ入れに使えます。

数はありませんが、ちょっと面白い道具です。

ヤフオクに出品中です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o318431908

Imgp3919

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀朱

価格:13,500円
(2019/5/19 17:08時点)
感想(0件)

時代椀

パソコンが突然動かなくなりブログを休んでました。

いつの間にか、22222人目が目前になっていました。

キリ番の方はご連絡をお願いします。

20000人目のキャリーオーバーありますので、記念品は2個差し上げます。

100年前の時代椀が落札されました。

倉庫には何個かありますので再度出品します。

宜しくお願いします。

Iimg800x6001544252773ounwcj137312-1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

 

 

2019年5月15日 (水)

鳥越の竹細工

地元のじいちゃんが作った「竹かご」です。
材料から厳選して作ったモノですよ。
手間に比較して価格は破格に安いです。
一般的に販売されている、東南アジア製の製品と比べると、その品質の良さがわかります。
ぜふ鳥越の竹製品を使ってみてください。

 

04040439

 

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

 

岩手県鳥越地区の竹細工 岩手県二戸 鳥越竹細工 スズ竹 市場かご 尺(底補強無し)(W31cm)

天台寺1300年

二戸市浄法寺町にある謎多き「天台寺」。

寺伝によれば、奈良時代神亀5年(728年)に行基菩薩が聖武天皇の命を受けて、八葉山と命名し、山中の桂の大木を刻んで本尊聖観音菩薩とし、天皇直筆の額を掲げて開山したものという。草創の正確な時期は不明であるが、寺に伝わる仏像の制作年代から、平安時代には寺観が整っていたと思われる。もともとは山道下の桂の大木の根元から清水が湧き出ていたことから「桂水観音」「御山の観音」と呼び親しまれており、霊地として崇められていた桂清水が、のちに観音の霊場として、そして古代において国内最北の仏教文化へ発展したものと考えられている。「天台寺」の名称が初めて資料にあらわれるのは南北朝時代、正平18年(1363年)の銅鰐口で、元中9年(1392年)と伝えられる銅鐘銘には「桂泉」の名も見られる。この頃には勢力を拡大してきた南部氏が天台寺を崇敬・保護するようになり、室町中期には、糠部三十三所観音巡礼の第一番礼所ともなった。江戸期になり、萬治元年(1658年)盛岡藩主南部重直が天台寺を再興、続いて元禄3年(1690年)、南部重信が大修理を行った。このとき建築されたのが現在の本堂(観音堂)である。このとき敷地内には27社もの末社も整備され、寺院として隆盛を誇った。藩からは百石を超える寺領が与えられ、別当(住職)桂寿院を中心に、徳蔵坊・池本坊・実蔵坊・宝蔵坊・中之坊・代仙坊・月山別当三光院などが補佐し、一山の運営・管理にあたっていた。

確か高校生のころに1250年祭が行われたような記憶がかすかにあります。

現存する梵鐘に「聖武帝之勅建行基師之権」と刻まれているそうです。
そして追記として「梵鐘に刻まれた銘文が不明になるのを恐れて鋳なおした」なっています。
鋳直されたのは明暦年間(1655-1658)です。

学会でも否定も肯定のできないようですが、管理人は「行基開基説」を信じたいと思います。
数年後には1300年祭!。

 

この目で見たいと思います。

 

057_2

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

岩舘隆 岩手、浄法寺 浄法寺椀溜め

価格:7,020円
(2019/5/14 11:13時点)
感想(0件)

 

 

2019年5月14日 (火)

今東光大僧正

昭和51年1月、今東光大僧正が中尊寺と兼務ながら天台寺の住職に就任することが決定します。
古代の安部・・藤原の歴史的結びつきを思い出させます。
4月9日に晋山式が行われ、私も中学生でしたがなぜかその場を目撃する場に居りました。
浄法寺にやってきたのはこれが最後になったのが残念です。
昭和52年9月29日死去。
他界する寸前まで天台寺復興に心を痛めていたようです。
きよ未亡人からまもなく1千万円の寄付が寄せられます。
「天台寺の復興に役立ててください。今東光の遺志です。」

昔話で終わらせないようにしたいものです。

057_1

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 浄法寺椀溜め

価格:7,020円
(2019/5/14 11:13時点)
感想(0件)

2019年5月13日 (月)

戦時中の浄法寺郵便局

戦時中の浄法寺郵便局です。

女性の方々も堂々と働いています。

むしろ今よりも生き生きしています。

しかし、明治政府の実行した郵便制度が、信頼をもって国民に周知されていたんですね。

基本的に98%の輸便物が届く国は、現在でも珍しいようです。

日本という国を我々はもっと信用してもいいと思います。

Joboji014

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

2019年5月12日 (日)

宿坊で使われた椀

青森県三戸地方の宿坊で使われた椀です。

程度もよく残されていました。

前所有者は塗りなおそうと思ったようですが、磨くことを勧めました。

そしたら酒器の下取りに依頼され、椀が良かったので交換しました。

半年ぐらい磨いたら雰囲気がとても良いです。

このまま使って、どうしても塗り直しが必要になたら補修を勧めます。

ヤフオク出品しますのでよろしくお願いします。

Imgp3839

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2019年5月11日 (土)

黒内朱「艶消し椀」

昨年夏に塗り終わった椀です。

1年近く経過したので漆も落ち付きました。

楽天市場では7700円ぐらいのようですが、格安で出品しています。

どんなものでもいいですから、熱い汁物は木の器でいただいてください。

日本人は陶磁器の器を普通に使ったのは、江戸の中期以降です。

戦前までは、熱い汁物は漆器が主流でした。

日本の各家庭で漆器を1個使ってもらえば、日本の漆工芸が残るともいわれます。

産地はどこでもいいですから、漆器を使ってみてください。

Imgp3792

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

 

2019年5月10日 (金)

戦時中の演説会

大東亜戦争中の演説会です。

当時は戦意を高めるため、このような演説会が各地で開かれたようです。

ほんの80年前のことですよ。

当時の人々も、戦争をしたくて戦ったわけではないと思います。

ただ反戦を叫ぶだけでなく、社会情勢や経済を調べたうえで、戦争を防ぐ手段、負けない手段を考えるべきかと思います。

歴史を知らないと、何かがあった時の判断材料に困ります。

反戦を叫ぶだけでは何も解決しませんよ。

Joboji013

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

2019年5月 9日 (木)

天台寺

7年ぐらい前に天台寺の漆器を修理させてもらいました。
改修作業が始まってからは行っていませんが、今はどんなになっているんでしょうか。
境内には宮内庁の管轄している土地もあった?。
長警天皇の御陵があるかも。
大正時代には、名川の法光寺も含めて大量の資料を宮内省で持って行ったとの噂です。
そのことをまとめて、電子書籍で出版します。
その時はよろしくお願いします。

https://airinjuku.jp/

058_1


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀朱

価格:13,500円
(2019/5/9 19:31時点)
感想(0件)



 

江戸期の「こぶくら」

江戸期の「こぶくら」です。

旧家から二個発掘しました。

なんとも愛嬌のある器です。

これで濁酒を飲む姿が浮かんできます。

器の大きさが、なんとも微妙で面白いです。

こんな器が捨てられる前に、何とかして発掘したいです。

捨てる前に連絡をいただければ幸いです。

Img_0_7

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

2019年5月 8日 (水)

巴文様

私自身は描けませんが、父の世代の塗師が描いた文様です。

フリーハンドで描いてました。

新しく作りたいと思いますが、いまでは難しいです。

何とかして復刻したいです。

意外に多くのファンがいます。

もしも見かけたら使ってみてください。

Img_0_6

 

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

 

天台寺

浄法寺の漆文化に多大な影響を与えたであろう天台寺。

謎に満ちた古代東北の寺院です。

近年では、今東光、瀬戸内寂聴に縁の寺として知られています。

中世には、津軽の岩木山を管理する立場だった記録も存在します。

豪族・安部一族との関連も指摘されています。

スキーで有名な「安比」の語源は、浄法寺を中心とした地域の総称だったとの説も。

「安部」「安日」「杏日」などとも古代には表記されています。

発音的には「アンビ」で「ビ」の部分は「ベ」と「ビ」の中間音。

私よりも上の世代は問題なく発音できます。

何もない山の中の寺院ですが、国宝に指定されている仏像もありますよ。

中尊寺との関連も調べれば調べるほど???。

ぜひ遊びがてら参拝して下さい。

Img_0_5

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

2019年5月 7日 (火)

漆の作業場からレコードが出てきました

なぜか作業場の棚にレコードがありました。

XP時代のモバイルパソコンと一緒にあったので、10年ぐらい置いていたと思われます 。

モバイルPCはリカバリーして、ヤフオクに出品したら2300円で落札されました。

レコードは安田南さんです。

若くして亡くなったジャズシンガーです。

高校のころは、東京の親戚から「きまぐれ飛行船」を録音して送ってもらいました。

その録音テープがあれば、今であればお宝です。

他のブログではレコード主体でやっていますが、意外に若者にレコードが人気のようです。

不要なレコードあれば引き取ります。

Re75

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

2019年5月 6日 (月)

浄法寺鉄鉢椀

古い鉄鉢椀を復刻したものです。

堂々とした風合いです。

塗り終えてから一年置きましたので、漆も落ち着いてよい雰囲気です。

ヤフオクに出品してみました。

よろしければご覧ください。

Imgp3650

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2019年5月 5日 (日)

菅原精蔵の謎

19世紀初頭のパリで活躍した漆芸家に菅原精蔵がいます。

山形県酒田地方の出身で、19世紀初頭にパリにわたりました。

フランスでは浄法寺から来た漆職人ということになっています。

浄法寺へのかかわりを調べましたが、残念ながらつながりはありませんでした。

しかし、浄法寺から来た漆職人といわれてるのには何か理由があるはずです。

数年前に、拙いホームページにフランスから問い合わせがありました。

その時に、アイリン・グレイ関係の資料を送ってもらいました。

彼女は、ヨーロッパでは有名な建築家で、彼女に漆芸を教えたのが菅原精蔵とされています。

個人的には、絶対に何らかの形で浄法寺にかかわりあると思っています。

そのあたりのことは、資料をまとめて出版を考えています。

電子書籍という便利な道具が出てきたのはうれしいです。

Imgp3647

Imgp3648

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

昭和時代の民芸

昭和47年の骨董雑誌です。

内容は、古椀についての特集です。

30年ぐらい前に入手した時は理解できなかった内容も、時間の経過とともに理解できるようになってきました。

執筆した方々も、今は亡くなっていますので、貴重な資料です。

自分の周囲でも、昭和初期の漆芸を語れる人がいなくなりました。

今となっては、書き留めておかなかったことを後悔しています。

過去のことはどうしようもありませんが、これから調べて分かったことは書き残したいですね。

電子書籍という素晴らしい道具ができました。

それを利用して、後世に先人の記録を残したいと思います。

Imgp3616

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2019年5月 4日 (土)

大正2年の古椀

100年目の御山ゴキです。

数か月磨いたらきれいになりました。

もう少し磨くと素晴らしい輝きになります。

使うのがもったいないような気がしますが、毎日使ったほうが漆器が長持ちします。

ヤフオクに出品中ですので、引き続いて磨いてください。

F81fd2e4c52864042852c112ce927ae23

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀溜め

価格:13,500円
(2019/5/4 16:35時点)
感想(0件)

2019年5月 3日 (金)

浄法寺漆で修理

小振りの片口を修理しました。

漏れがあったんですが無くなりました。

浄法寺漆で修理したら、何となく美しくなった気がします。

約1合入ります。

晩酌で使うには最適ですね。

ヤフオクに出品中です。

Imgp3489

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

 

古椀を磨く

古椀を磨いたらきれいになりました。

ちなみに磨き始めたのが一か月前です。

このまま磨き続ければ、数か月後には本当に光りますよ。

古い椀ほどその傾向が強いです。

きっと良い漆を使っていると思います。

昭和40年代の日本でも、漆に大量の化学塗料を混ぜて、漆器とは言えない製品もあります。

もしも戦前の漆器をが入手できたら、水洗いをして布で拭くだけでよい器になります。

Imgp3486

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀朱

価格:13,500円
(2019/5/3 16:22時点)
感想(0件)

2019年5月 2日 (木)

木地

つきあいのある木地屋さんから廃業の連絡がありました。

一昨年から三件目です。

無理難題も聞いてくれる木地屋産なので残念です。

浄法寺で木地屋産を採用したらしいですが、根本的な解決は前途多難です。

一人一椀で業界は救われるような気がします。

魅力的な漆器を作りたいです。

この技術が途絶えたら、復活まで長い時間が必要ですね。

木が育つまで100年。

いずれにしても技術の伝承が重要です。

519c9df7_1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

2019年5月 1日 (水)

平成最後の落札は御山ゴキ

平成の時代はネットオークションが発達した時代でした。

当初は、売り買い専門誌のようなものが出版されましたが、すぐにネットオークションが大流行。

海外ではイーベイが強いようですが、日本ではヤフオクとメルカリですね。

個人的にはヤフオクしかやってません。

その理由は、両方を管理できそうもないからです。

さて、平成最後の落札物が「御山ゴキ」でした。

100年以上前に浄法寺地方で作られた椀です。

水洗いして、乾いた布で拭くことを繰り返せば、数年後には独特の光沢が出ます。

漆器を育てるとも言います。

令和の時代になっても古い漆器を見つけて出品します。

見かけたらよろしくお願いします。

103_1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

平成最後の落札は御山ゴキ

平成の時代はネットオークションが発達した時代でした。

当初は、売り買い専門誌のようなものが出版されましたが、すぐにネットオークションが大流行。

海外ではイーベイが強いようですが、日本ではヤフオクとメルカリですね。

個人的にはヤフオクしかやってません。

その理由は、両方を管理できそうもないからです。

さて、平成最後の落札物が「御山ゴキ」でした。

100年以上前に浄法寺地方で作られた椀です。

水洗いして、乾いた布で拭くことを繰り返せば、数年後には独特の光沢が出ます。

漆器を育てるとも言います。

令和の時代になっても古い漆器を見つけて出品します。

見かけたらよろしくお願いします。

103_1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

ウェブページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31