« 平成最後の落札は御山ゴキ | トップページ | 古椀を磨く »

2019年5月 2日 (木)

木地

つきあいのある木地屋さんから廃業の連絡がありました。

一昨年から三件目です。

無理難題も聞いてくれる木地屋産なので残念です。

浄法寺で木地屋産を採用したらしいですが、根本的な解決は前途多難です。

一人一椀で業界は救われるような気がします。

魅力的な漆器を作りたいです。

この技術が途絶えたら、復活まで長い時間が必要ですね。

木が育つまで100年。

いずれにしても技術の伝承が重要です。

519c9df7_1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

« 平成最後の落札は御山ゴキ | トップページ | 古椀を磨く »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成最後の落札は御山ゴキ | トップページ | 古椀を磨く »

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30