« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

原稿は一休み

原稿が行き詰っています。

休息の意味で古漆器を磨いています。

気に入ったものしか残していないので、最盛期に比べて数が大分少なくなってしまいました。

嫁ぎ先で大切に使われていることを祈っています。

漆では「浄法寺」という、先人が残してくれた宝物があります。

それを生かした地域づくりをしたいと思っていましたが、健康状態から一時休止です。

あきらめてはいませんので、完成したときは遊びに来てください。

https://airinjuku.jp/

Imgp4172

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2019年6月29日 (土)

坪椀の修理依頼

昭和の時代にお買い上げいただいた坪椀。

修理を依頼されました。

新品を購入いただくのもうれしいですが、個人的には修理が好きです。

江戸幕府の時代は「椀直し」という職業がありました。

世界的に見ても珍しい職業です。

江戸の日本人を見直したいものです。

ぜひ、漆器を修理して長く使ってください。

https://airinjuku.jp/

Imgp4165 Imgp4164

2019年6月27日 (木)

スプーンが海外へ

漆塗りのスプーンセットが海外へ嫁ぎます。

漆器は軽くて送料も比較的安いので、輸出に向いていると思います。

ただ、説明の英学が難しくて、ちょっと大変です。

ですが、何とか伝わっているようで、時々海外から注文があります。

そして、大変光栄なことに日本製を欲しがってくれます。

ありがたいことです。

欧米人にも気に入られる製品を作りたいものです。

https://airinjuku.jp/

Sl1600

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀朱

価格:13,500円
(2019/6/27 19:47時点)
感想(0件)

漆掻き職人が作った「こぶくら」

漆掻きの爺ちゃんが作った「こぶくら」です。

素敵な風合いになりました。

これで地元の銘酒をいただいてください。

ヤフオク出品中です。

次回は1年後に完成予定です。

興味のある方はこの機会に如何でしょうか.

https://airinjuku.jp/

Imgp4125

南部せんべい乃巖手屋 まめごろう15枚入簡易箱

新品価格
¥1,620から
(2019/6/26 18:29時点)

2019年6月26日 (水)

塗りなおし

形の良い椀の塗りなおし依頼がありました。

漆器はどんどん使って塗りなおしてほしいです。

今回塗りなおせば、100年後でも使えると思います。

適度な湿気を与えるために、本当は毎日使ってほしいです。

軽く水洗いして、乾いた布で拭くだけです。

数年後にはとても良い器に育ちます。

https://airinjuku.jp/

Imgp4128

手引きろくろ椀

200年ぐらい前の椀を塗りなおしました。

歪な形が何とも言えず、骨董心を揺さぶります。

譲渡可能ですが、本心では自分で使いたい気持ちもあります。

茶席で使って面白そうです。

捨てられる運命の「椀」を救ってください。

https://airinjuku.jp/://airinjuku.jp/

Imgp4119

浄法寺塗 布目5寸椀 曙塗

価格:50,760円
(2019/6/25 16:39時点)
感想(0件)

2019年6月25日 (火)

執筆中

浄法寺漆に関する原稿を書いています。

80%掻き上げました。

結論を書こうと「二戸郡史」を読み返していたら、現行と180度違う記述がありました。

なので、その部分を調べなおして修正するつもりです。

結論は同じでも、過程が違う内容で、頭がこんがらかっています。

でも楽しいです。

https://airinjuku.jp/

Imgp4126

2019年6月24日 (月)

古文書

江戸末期の漆芸に関した古文書を解読しています。

同じ日本語なのに苦戦していますが、何とか終わりそうです。

解読して文字になれば90%は意味が理解できます。

いずれにしても浄法寺の漆芸に関する貴重な資料です。

いずれは出版したいと思っていますが、費用を考えると電子書籍での出版が現実的なようです。

はたして興味のある方がいるんでしょうか。

皆様の考えをお聞かせください。

https://airinjuku.jp/

Imgp4097

2019年6月23日 (日)

鷲の尾

知り合いの帝国軍人が亡くなりました。

享年92歳。

遺品のアルバムをご遺族から譲られました。

満洲で従軍し、台湾を共産チャイナから守った根本中将と同じ部隊で活動したこともあるようです。

皇帝溥儀も間近で見かけたこともあったと聞きました。

満洲は当時のアジアの希望だったそうです。

昨夜は、アルバムを見ながら献杯です。

https://airinjuku.jp/

Imgp4085

【お取り寄せ】鷲の尾 純米吟醸酒 雋(せん) 720ml

価格:5,508円
(2019/6/23 08:12時点)
感想(0件)

2019年6月22日 (土)

明治34年の小皿

明治34年に製造されたと思われる小皿です。

水洗いして空拭きをしているうちに良い雰囲気が出てきました。

なぜ明治34年とわかるかというと、入っていた箱に書かれていたからです。

約120年前ですね。

20世紀最初の年です。

数年後には日露戦争が始まります。

もしかしたら、日露戦争に従軍した方が食事に使った器かもしれません。

そんなことを考えな器をみがいてます。

https://airinjuku.

Imgp4081

ゼロから月収60万円! 骨董ネットビジネス入門

新品価格
¥13,891から
(2019/6/22 09:04時点)

 

 

2019年6月21日 (金)

平椀

旧家から平椀を譲られました。

形もよく、塗も素晴らしいです。

ただ10年ぐらい日当たりに置いたので焼けています。

日の当たった部分が変色です。

ひたすら洗って空拭きを繰り返します。

予想では2年ぐらいで色が落ち着きます。

お世話になっている骨董商からの助言です。

Imgp4077

https://airinjuku.jp/

2019年6月13日 (木)

漆塗りのコーヒーカップ

アメリカに漆塗りのコーヒーカップが嫁ぎます。

漆器のいいところなんですが、軽いので送料が安くて済みます。

割れることもほとんど報告されていません。

問題は、電子レンジで使われることです。

電子レンジだけはどうしようもありません。

確実に駄目になります。

その説明をこれから考えます。

Rimg0010

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 二段丸重

価格:40,500円
(2019/6/13 11:46時点)
感想(0件)

2019年6月12日 (水)

100年以上前の小皿

漆の里浄法寺地方(三戸地方)の宿坊で使われていた小皿です。

小傷などありますが、塗もよく使っているうちに独特の光沢が出てきます。

ともかく洗って乾いた布で拭いてください。

海外(北海道)に嫁ぎました。

519c9vyg9

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村


出前、宅配は楽天デリバリーから!

2019年6月10日 (月)

岩手の栗の木 五角箸 合格につながる縁起物 まとめて

昨日は原稿書きでブログ更新できませんでした。

原稿の資料に栗の木で作った五角箸が出てきました。

五角=合格に繋がります。

洒落で作った箸ですが、残りはこれだけです。

使ってもらえるのが幸せです。

783b7ba1_1

 

 

2019年6月 8日 (土)

片口の下取り

気仙地方の旧家方特大片口の下取りがありました。

神楽の舞でこの大きさの片口が必要だそうです。

どのように直すか考えている時が一番楽しいです。

残念なことに、剥がれた部分を化学塗料で補修されています。

収集歴30年以上ですが、100個集まったら小さな博物館でも作りたいです。

Imgp4069

Imgp4070

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

和骨董 JAPANESE ANTIQUES (TOKYO ARTRIP)

新品価格
¥1,620から
(2019/6/8 12:11時点)

2019年6月 7日 (金)

宿坊で使われた椀

山岳信仰が盛んだった名久井岳。

その周辺の宿坊で使われていた椀です。

セットだったものでは無いようですが、あると便利です。

このまま使い続け、ある程度経ったら塗り直すといいしょう。

良い椀に育ちそうです。https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m336772759

783b7ba1

 

 

2019年6月 6日 (木)

江戸期の四つ椀

江戸期の四つ椀です。
旧家の使用人用に使われていたようです。
最初の数年は三つ椀。
丁稚生活も10年ぐらい経過すると四つ椀を与えらたようです。

手引き轆轤で造られています。
何ともいえない手仕事感を嘆じるお椀です。

塗り直して使うも良し、そのまま観賞用として使うも良し。
いかがですか。興味のある方はご連絡ください。

Hakuchizu_2

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2019年6月 5日 (水)

イタリアに渡りました

イタリア南部からの発注で送りました。
和洋折衷のお盆です。

拙い英語説明で通じたのでしょうか?
彼の国でどのように使われるんでしょう?。
興味は尽きません。

Iimg800x6001544252773ounwcj137312-1_4

https://airinjuku.jp/

蒔絵 浄法寺漆 蒔絵時計 漆塗り 大川 彰 作 浄雅 JOGA MAKIE 漆文字盤 「是真 とら図」 自動巻 メンズ 腕時計 G01-037

ガンダーラから浄法寺

ガンダーラからみちのくへ!
仏像をたどって歩く番組で「天台寺」が出てきたことがありました。
美術的にも天台寺にある「聖観音立像」は重要なようです。

なぜ、このような仏像が東北の僻村に存在するのか!。年代的にも間違いなく平安中期以前の作と判定されています。

謎が謎をよぶ天台寺です。
他にあるんでしょうか?。宗派そのものを名乗る寺院というモノは?。

真言宗の真言寺、曹洞宗の曹洞寺など、聞いたことがありません。
その辺に、天台寺を知るヒントがあるのかも知れません。

一説には朝鮮半島や奈良京都を経由せずに、直接伝来したとの珍説も観たことがあります。

https://airinjuku.jp/

Hakuchizu_1

2019年6月 4日 (火)

南部うるし

電子書籍の原稿を書いています。

一日1000文字ぐらいで、2万文字ぐらいになりました。

資料として「南部うるし」を読み返しています。

これまでも何度も読んだはずなんですが、新たな発見がありました。

発見というより、「気づき」なんでしょうね。

著者とは40年前にお会いしたことがあります。

今であればお聞きしたいことがたくさんあります。

それでも、素晴らしい資料を後世に残してくれたことに感謝です。

Iimg1200x9001526530865oumxnl37687

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

2019年6月 3日 (月)

アムール川の浄法寺漆器?

古式浄法寺塗の最大の魅力はその絵付けにあります。施された漆絵は大らかで時として稚拙と表現されます。他の漆器産地ではあまり見ることのできない精神性の高い紋様が特徴です。古式浄法寺紋様として描かれた漆絵は、家紋や草花文、熨斗文、鶴亀文から、大津絵や古九谷の紋様につながる暮らしの歳時記がのびのびと描かれています。
 
 江戸期の商人たちの手により、北海道のアイヌとの交易品として使われ、アイヌ民族では「イタンキ」と呼んで神事に欠かせない器となったのも古式浄法寺紋様で描かれた漆器です。また、アイヌたちはアムール川流域の山東人達ともイタンキを使って交易し、現在でも時々ロシアでは古式浄法寺紋様の漆器が発見されるようです。北方の民族は、驚くほど古式浄法寺紋様の漆器を大切に扱うそうで、その精神性は青森県の三内丸山遺跡などに連なる縄文文化の魂なのかもしれません。

04040440 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2019年6月 2日 (日)

考古学少年でした

実家から少年のころに見つけた石器が出てきました。

今思えば大きな石などもあったので、何か特別の場所だったかもしれません。

この石器を見つけた数年後には、畑としてトラクターが入りました。

もしかしたら貴重な遺物があったかと悔やまれます。

いつかゆっくりと読もうとしていた考古学本もたくさんあります。

残された時間でどこまでできるか、時々考えてしまいます。

生活に余裕があればと本当に思ってしまいます。

Imgp4065

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

新版 縄文美術館

新品価格
¥3,240から
(2019/6/2 20:51時点)

塗色秘伝書

電子書籍の原稿を書いています。

地元の古文書を下地に、これまで調べた漆の雑感を書いています。

先祖はよく書き残してくれたと感動しています。

読み解くのも楽しいです。

今では廃れた技法も書かれています。

完成は6月末の予定です。

Imgp4060

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2019年6月 1日 (土)

破片があれば直しやすいです

明治期のお椀を割ってしまったとの連絡がありました。

破片があるというので、一緒に送ってもらいました。

破片があると尚氏が容易になります。

漆で接着すると、本当にびっくりするくらい丈夫になります。

欠けた部分を、全く別の色で塗ると、陶磁器の直しのようで味がある漆器になります。

捨てる前にご連絡ください。

Imgp4055

Imgp4056

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀溜め

価格:13,500円
(2019/6/1 10:08時点)
感想(0件)