« 塗色秘伝書 | トップページ | アムール川の浄法寺漆器? »

2019年6月 2日 (日)

考古学少年でした

実家から少年のころに見つけた石器が出てきました。

今思えば大きな石などもあったので、何か特別の場所だったかもしれません。

この石器を見つけた数年後には、畑としてトラクターが入りました。

もしかしたら貴重な遺物があったかと悔やまれます。

いつかゆっくりと読もうとしていた考古学本もたくさんあります。

残された時間でどこまでできるか、時々考えてしまいます。

生活に余裕があればと本当に思ってしまいます。

Imgp4065

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

新版 縄文美術館

新品価格
¥3,240から
(2019/6/2 20:51時点)

« 塗色秘伝書 | トップページ | アムール川の浄法寺漆器? »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塗色秘伝書 | トップページ | アムール川の浄法寺漆器? »

ウェブページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31