« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

民話のふるさと

民話のふるさと遠野。

そこの旧家で見つけた古椀です。

使い勝手がよく、デザインも秀逸です。

元々は八戸近辺で使われていたとのことですが、八戸南部氏が遠野に移る際に持って行ったとのことでした。

同じようなものが盛岡の旧家にも伝わっていますので、南部家と何らかのつながりがあるかもしれません。

古椀は何かを教えてくれそうです。

https://airinjuku.jp/

Img_0_m_20190731193001

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀溜め

価格:13,500円
(2019/7/31 19:31時点)
感想(0件)

2019年7月30日 (火)

東雲

岩手町の知り合いから、漆の木を買い取りました。

若手の漆掻き職人に掻いてもらおうと思っています。

その漆で、葛巻産木地の器を塗るつもりです。

買い取った御礼に、岩手町の銘菓をいただきました。

熱いほうじ茶でいただきました。

日本人に生まれた幸せを噛みしめています。

https://airinjuku.jp/

9613

 

 

2019年7月29日 (月)

差し入れの酒

北陸から酒の差し入れがありました。

常温でいただいています。

どんどん入っていきます。

味付けのりをつまんでいます。

今日は二合でやめておきます。

日本酒は30年前に比べて確実に美味くなりましたね。

Sl1600_20190729192101

2019年7月28日 (日)

池波正太郎

剣豪者の本を読んでいます。

池波正太郎、すごくいいです。

蕎麦屋で一杯飲みながら読みたい気分です。

氏には相馬大作の事も書いてほしかったです。

蕎麦と日本酒、そして相馬大作で二戸を盛り上げたいです。

https://airinjuku.jp/

Imgp4239

日本酒 にごり酒 濁酒 天狗のとぶろく1800ml 15°

新品価格
¥2,280から
(2019/7/27 20:19時点)

江戸前 通の歳時記 (集英社文庫)

新品価格
¥540から
(2019/7/27 21:20時点)

幕末の志士たちに食べさせたかも

奥州福岡の会輔社は、幕末期に結成された政治結社です。
長州の志士との交流もあり、歴史的にもっと評価されても良いと思います。
その会輔社関係者が保管していた捏ね鉢です。
直径が二尺近くあります。
乳児であれば入浴もできそうですね。
その捏ね鉢の修理を依頼されて2年。
病気もありましたが、そろそろ着手します。
歴史的遺産として、ぜひ漆の町・二戸浄法寺地方で飾りたいですね。

Hakuchizu_20190727204401

日本酒 にごり酒 濁酒 天狗のとぶろく1800ml 15°

新品価格
¥2,280から
(2019/7/27 20:19時点)

 

2019年7月27日 (土)

リメイクした向付

当地の古い蕎麦店にあったモノを塗り直しました。
用途は蕎麦猪口でしょうか?
それとも酒器でしょうか。
個人的にはどちらでも使えそうです。
復刻するとすれば3800円ぐらいかな?
濁酒を飲めばいいですね。

Hakuchizu_20190727201901

日本酒 にごり酒 濁酒 天狗のとぶろく1800ml 15°

新品価格
¥2,280から
(2019/7/27 20:19時点)

陸奥浄法寺城一周

散歩を兼ねて浄法寺城を一周してきました。

戦国期の城として良く見れば、なかなかの名城です。

以前にミニスカートの歴女と遭遇したことがありました。

天然の地形を利用した攻めるに難しい城です。

堀跡も残っていて、発掘が進めば面白い遺跡がでそうです。

畠山重忠の後裔と名乗っていますので、南部氏との関係や、謎の古刹天台寺とのかかわりも興味深いです。

観光資源に使いたいです。

門前町にある姉帯製菓から「かりんとう」を買って帰りました。

htps://airinjuku.jp/

Imgp4221_20190727184601

松之丞ひとり~名演集~

新品価格
¥2,661から
(2019/7/27 18:48時点)

 

2019年7月26日 (金)

おかしな判決

東横インがNHKとの裁判に敗訴したようです。

受信料として19億円払えとの判決です

ホテル全室(テレビ台数の数)の受信料だそうです。

法的にはそうなんでしょうが、やっぱりおかしいと思います。

東横インは即刻テレビを撤去して契約を解除しましょう。

その分料金を安くすればいいのです。

逆に、このことを利用して「テレビ撤去記念」を謳って宣伝すれば面白そうです。

もしかしたら、NHKは自ら墓穴を掘ったかもしれません。

N国党も話題になっています。

もしかしたら、日本の政治の分岐点になるかもしれません。

https://airinjuku.jp/

熊本県 瑞鷹吉祥瑞鷹 吟醸酒 720ml 1本

価格:1,458円
(2019/7/26 07:58時点)
感想(0件)

2019年7月25日 (木)

三年前

三年前には入院していました。

生死の境をさまよっていましたが、今では自分の足で歩いて、パソコンも使えます。

自動車の運転は危険なので、活動範囲が狭いくなりましたが、その分だけ本を読める時間が増えました。

生活リズムが規則正しいので、ストレスが少なくなった気がします。

これから通院です。

https://airinjuku.jp/

Hakuchizu_20190726081101

2019年7月24日 (水)

浜娘

岩手の酒「浜娘」が安売りされてました。

四合瓶で700円でした。

迷わず購入し、冷やしていただきました。

瓶もコレクションに加わります。

一升瓶は大きすぎて、集めるにはちょっと困ります。

100銘柄集まったらインターネット上で公開したいと思います。

こんな何気ないものも集まると文化遺産です。

カシオペア歴史研究所

Imgp4227

2019年7月23日 (火)

石橋せんべい

近くのコンビニで見つけた「石橋せんべい」

思わず買ってしました。

これも小さい頃から馴染んだ味です。

子供の頃は、堅焼きせんべいが好きでしたが、今では南部せんべいがいいです。

塩分が意外に多いのと、高カロリーが悩みです。

カシオペア歴史研究所

Img_0_m

2019年7月22日 (月)

漆の木

漆の木の勢いがすごいです。


漆掻き作業も盛んに行われています。


かつては日本全国行われていた風景ですが、浄法寺を中心にわずかに残るだけです。


各地で復活の機運が盛り上がっています。


国産漆の増産に成功して欲しいものです。


https://airinjuku.jp/


 

岩舘隆 岩手、浄法寺 三.五寸片口

価格:14,040円
(2019/7/23 07:27時点)
感想(0件)


2019年7月21日 (日)

無投票

本来であれば二戸市議選の投票日でした。

ですが、立候補者が定員と同じなので無投票です。

市としては無駄な出費をしないで済みますが、選挙にならないのも考え物です。

次回は選挙になってほしいと思います。

午前中は選挙運動をしていましたが、締め切り時点で定員ぴったりだったとの事です。

Imgp4233

2019年7月20日 (土)

帰ってきました

行方不明になっていた愛猫が帰ってきました。

格闘したらしく、傷だらけです。

傷が化膿して元気がなかったのですが病院へ。

すっかり元気になりました。

雄姿を記念撮影です。

Imgp4231

 

【10%OFFクーポン対象】ペットケージ 3段 PEC-903 ブラウン ホワイト キャットケージ キャットゲージ 猫ケージ ゲージ 猫用ケージ ハウス 室内飼い 猫 ネコ ねこ キャット 猫用 ペットケージ ペットケージ 3段 扉付き キャスター付 アイリスオーヤマ iriscoupon

価格:15,000円
(2019/7/20 08:58時点)
感想(0件)

2019年7月19日 (金)

牛乳

この頃はミルクティーを飲むことが多いです。

紅茶の葉には特にこだわりはありません。

というよりも、一般に売っているティーパックです。

でも牛乳にはこだわっています。

あまり牛乳味が強いと、個人的には何となくダメです。

地元の奥中山高原牛乳がちょうどいいです。

お茶の代わりにコップ一杯の牛乳も良いです。

奥中山高原では、ほかにもチーズなどの乳製品が作られています。

国道4号線、八戸や盛岡から1時間。

スキー場などもあり、結構楽しめる場所です。

Sl1600_20190719192801

2019年7月18日 (木)

真田太古事件

明治10年2月に西郷隆盛を中心として起こった反政府運動がいわゆる西南戦争です。
これに呼応して、明治10年5月に青森県三戸郡、岩手県二戸郡、秋田県鹿角郡の旧南部藩士たちも政府転覆計画を起こします。
これは三戸郡田子町の真田大古(泰幸、太古)を首謀者とする怪事件でした。
 
その計画を簡単に説明すると、5月17日に一派は青森分営を襲い兵器や弾薬を奪い、県庁を撃ち公金を奪う。
別の一派は鹿角地方の金山を襲い、七戸、五戸、三戸を扇動して福岡(二戸)を経て浄法寺に入り、
南部領内随一の豪農小田島勘治を説得(脅し)して資金を出させ、鹿角方面の一派と合流し盛岡に入り、
賛同者を募り仙台鎮台を破り、東京に入らんとするするものでした。

この計画は会輔社(二戸市)の社員・岩館迂太郎の密書により岩手県警察の知るところとなり、青森、秋田の三警察共同捜査により、
5月12日に首謀者が逮捕され未然に防がれたのでした。

この事件の檄文を書いたのが小田為綱です。
彼の明治11年日記によると、この事件の背後には西郷一派のはたらきかけがあったと見られます。

南部藩佐幕派の首領楢山佐渡の参謀であった那珂通高は、真田事件を事前に知っており,
福岡(二戸市)の会輔社代表小保内定身に明治10年2月1日付けで手紙を送り、反真田運動を奨めます。

この際、小保内定身は表だった動きを見せていませんが、同士とも言うべき岩館迂太郎が県に密書を送ったり、
会輔社の下斗米与八郎を実情調査のために鹿角方面に差し向けています。

また、西郷決起を聞いた際には「私の体を投げ打つには他人の勧誘は受けない。西郷が皇室に対して不忠の心があれば別だが、ただ政府内の意見が異なった為のものである。」といって、西郷討伐にはやる社員をなだめたと伝えています。

カシオペア歴史研究所

暑中行軍

岩手の夏の風物詩。

もしかしたら母校の行軍もこの時期のお馴染みかもしれません。

学校から、基本的には岩手県営球場まで歩いて応援に行くものです。

40年前は、初戦の二日前に学校を出発したものです。

次の日の夕方に球場入りし、先輩方の激励を受けて盛岡市内に一泊。

先輩方の下宿で応援の作戦を練ったものです。

順延になればそのまま泊めてもらいました。

実はこの行軍は学校非公認の行事でした。

行軍を理由に学校を休むと停学処分になったものです。

それでも行軍を止めることはなく、学校側も警告はするけれど一度も阻止に出たことはありません。

その時代からは形が変わりましたが、今でも続いているようです。

野球部には11回目の甲子園を期待です。

https://airinjuku.jp/

 

田中舘愛橘

5年ぐらい前にフランスから1枚の写真が送られて来ました。
以前からオートバイのカタログを交換しているマニアからです。
彼のマニアの友人宅で保管されていたものです。(所有者を仮にAさんとします)
Aさんのお祖父さんか曾祖父さんが1920年頃まで数年間日本に滞在したことがあるようです。
フランスの軍人に同行した技術者らしいとのこと。

何よりもびっくりしたのは「田中舘愛橘」が写っていることでした。
仮に1920年(大正9年)の写真だとすると、愛橘博士が64歳の写真ということになります。

次の電子書籍企画は、田中舘愛橘を題材にと考えています。

カシオペア歴史研究所

Kikou161

2019年7月17日 (水)

次の構想

電子書籍の原稿を少しずつ書いています。

今書いているのが「萬卒に功なく一将枯る」です。

母校の昭和二年の甲子園での活躍です。

やっと半分ぐらい書き上げました。

飛田穂洲さんとのエピソード、天知俊一さんとの交流、選抜大会辞退の経緯など。

おそらく母校の後輩も知らない物語があります。

病気の後遺症なのか、時々意識が飛びます。

視力も将来は不安です。

できる限り書き残したいと思います。

カシオペア歴史研究所

はくばく 蕎麦屋の鴨だしせいろ蕎麦 250g×10袋入×(2ケース)

新品価格
¥5,864から
(2019/7/17 19:51時点)

紙ものコレクション

近くのコンビニで見かけたアイスクリーム。

ラベルが秀逸で思わず購入しました。

味もおいしかったです。

早速コレクションに加えました。

戦前のラベルコレクターが知り合いにいますが、素晴らしいコレクションです。

文化遺産に指定しても良いと思います。

紙ものコレクションは楽しいです。

カロリーが高いので食べすぎに注意です。

https://airinjuku.jp/

Imgp4212

 

2019年7月16日 (火)

昭和53年夏 駅蕎麦の思い出

昭和53年夏の高校野球岩手県大会の決勝戦は、盛岡一高と黒沢尻工業高校の対戦となった。

その対戦を北福岡駅の待合室で観戦していた。

200人ぐらいの観戦者が居たような記憶がある。

7回だったと記憶しているが、盛岡一高が逆転に成功し、そのまま試合に勝利し甲子園出場を決めた。

その7回の観戦中、小腹が空いたので駅蕎麦を食べていた。

食べ終わる前に逆転の場面があった。

その場面に見とれていて、蕎麦の入った容器をこぼしてしまった。

恥ずかしいやら何やらで、なんとかその場をしのいだ。

しかし、空腹は満たされない。

すると近くにいた人が蕎麦をおごってくれた。

よくよく話を聞くと、盛岡一高の卒業生だった。

この時の優勝で、盛岡一高が9回目の甲子園出場を果たした。

母校は昭和52年、昭和51年と決勝敗退。

甲子園の出場回数で抜かれた年であった。

その駅蕎麦を食べた建物もなくなり、駅名も二戸駅に変わってしまった。

当時は毎年夏になると、両校とも必ず優勝候補に名を連ねていたものだ。

令和の今では夢のような時代だった。

11回目の甲子園出場を、決勝戦で盛岡一高を破って果たしたらと考えると楽しい。

両校の奮闘を期待する。

Tky201207070464_20190716142301

https://airinjuku.jp/

11回目の夏を目指して

母校が11回目の夏を目指して奮闘中です。

本日の試合で3-0で高田高校を降しました。

最後の甲子園出場が昭和60年。

あれから34年目。

今でもあの時代が蘇ります。

在学中には9回目の甲子園出場を果たしました。

今でも同級姓との間で、その話題で飲めます。

野球部ではなかったけど、野球部以上に母校の活躍を祈っています。

次の対戦は久慈高校。

高校二年生の夏、決勝戦で敗れたのも懐かしくて悔しい思い出です。

ところで、今年も歩いたんでしょうか。

そのことが気になる同窓生も多いはず。

情報をお持ちの方は書き込みお願いします。

Tky201207070464

カシオペア歴史研究所

幕末の政治結社「会輔社」

幕末期の二戸地方に誕生した会輔社は、長州藩士との交流もあり、維新後には木戸孝允もやってきています。

その会輔社の中心人物が小保内定身です。

その小保内定身の足跡が紹介されている書籍を見つけました。

高校時代から、何となく調べてきましたが、電子書籍が無料で出版できる時代になったのでうれしいです。

後世に残す手段ができました。

そこまではよかったのですが、文章力が無いことと、資料が支離滅裂に整理していたので苦戦中です。

気長にやるしかないのですね。

https://airinjuku.jp/

Imgp4180

笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語

新品価格
¥1,512から
(2019/7/14 10:40時点)

2019年7月15日 (月)

鉄鉢腕が京都に嫁ぐ

伝統的な鉄鉢椀が京都に嫁ぎました。

購入した方は、毎年少しずつ漆器を購入してくれます。

ありがたいことです。

質素で飾り気がない分だけ、なんでも使えるそうです。

以前はアイスクリームを入れて使っていました。

面白いアイディアです。

https://airinjuku.jp/joboji/joboji-top.html

Iimg640x4801542895019ftshoy437801

冷たい肉そばセット[4人前]

価格:2,160円
(2019/7/15 13:21時点)
感想(0件)

50年前の骨董紙

自分の記憶を再確認するために、古い雑誌を読み返しました。

記憶違いと、新しい発見があってうれしいです。

それにしても、以前は体系的な研究や、個人の調査結果を知る機会はほとんどありませんでした。

21世紀に入り、インターネットの発達で個人で発信できるのはうれしいです。

何となく、古くからの伝承と、各人の発表をつなげると、何かが見えてきそうです。

そういった意味で古い雑誌も貴重な資料となりそうです。

時間と資金が欲しいです。

https://airinjuku.jp/

Imgp4181_20190714101301

2019年7月14日 (日)

陸奥の名族浄法寺氏

パソコンが突然動かなくなったり、ヤフーがサービスを停止したりで「陸奥の名族浄法寺氏」のコンテンツがリンク切れになっていました。

知り合いから指摘されて、昨日なんとか再構築しました。

見てくれていたことをうれしく思います。

ホームページは更新がちょっと面倒ですが、長い目で見れば優れた情報発信ツールです。

再評価されて良いと思います。

20年前は、個人が作っている興味深いサイトがたくさんありましたが、いまは物販サイトが大半です。

個人でどんどん発信してほしいものです。

カシオペア歴史研究所

18122101

ホヤ

どこかの隣国で日本産の海産物を輸入禁止という嫌がらせをしています。

安全性には全く問題なしにもかからわずです。

そして、法令に基づいてフッ化水素の輸出をきちんとすることにしたら大騒ぎ。

禁輸にしたわけではないんですよ。

そんなことはどうでもいいので、ホヤ産地の生産者を助けましょう。

新鮮なホヤは、日本主の最高の肴だと個人的には思います。

理論上の話ですが、日本国民がホヤを1個食べれば、すぐにでも解決するようです。

知り合いはホヤカレーを勧めていました。

カレーはまだ食べていませんが、次回に挑戦してみたいと思います。

ホヤを食べて、三陸の生産者を応援しましょう。

https://youtu.be/rBxL_zBFF9k

Hakuchizu_20190713094501

 

2019年7月13日 (土)

姉帯製菓のかりんとう

先日NHKで紹介された駄菓子屋さん。

姉帯製菓のかりんとうが食べたくなって、散歩を兼ねて購入しました。

子供のころから親しんだ味なので、大好きなかりんとうです。

福蔵寺の門前にあるお店で、それなりの歴史があるかと思います。

地元のこのようなお店を大切に残したいです。

ここの、バタークリームのショートケーキも好きです。

古漆器ギャラリーができたら、ここの「かりんとう」も提供したいです。

関連動画

Imgp4221

2019年7月12日 (金)

令和 ワンカップ大関

カップ酒の代名詞と言えばワンカップ大関。

令和バージョンを見つけて飲んでみました。

ワンカップという商品名は大関だけしか使えないようです。

確実に昭和の時代よりうまい酒になっています。

日本酒がべたつくイメージがありましたが、この頃は感じません。

業界人からきくと、以前は水飴を混ぜたらしいです。

冷で飲むカップ酒は良いですよ。

皆様の地元の酒をご紹介ください。

Imgp4216

 

2019年7月10日 (水)

萬卒に功無く一将枯る

昭和2年に母校は夏の甲子園大会に出場しました。


そして、その戦いぶりは飛田穂洲氏に絶賛され、一躍岩手の福岡という土地が有名になるのです。


その時の母校野球部の活躍を、後世に残すために原稿を書き始めました。


その中で読み返しているのが「新説日本野球史」です。


大正編の327ページに母校の先輩が登場します。


そして、昭和編では数ページにわたって母校の戦いぶりが出ています。


90年以上前の、過去の物語といわれようとも、同窓生としてはやっぱりうれしいものです。


まもなく夏の甲子園予選が始まります。


母校の奮闘を期待しています。


Imgp4213


Imgp4215


 

高校野球 甲子園全出場校大事典

中古価格
¥980から
(2019/7/10 20:41時点)



 

ローソン販促品

ローソンの販促品をコレクションしています。

ダブったものはヤフオクに出品中です。

ドカベンは親子で楽しめる野球漫画です。

しかし、当初は柔道漫画でした。

そのことをリアルタイムで知っています。

母校は弁慶高校のモデル校に一つとして紹介されたこともあります。

ドカベンは、今読んでも新鮮な漫画です。

日本の漫画文化は世界の遺産です。

Rimg0012

2019年7月 8日 (月)

糖質70%オフ

なぜかワンカップが好きです。

どうしても飲みすぎてしまうので、糖質オフを選んで飲んでいます。

価格も120円。

一日2本で幸せな気分になります。

日本酒を飲んだら、麺類は控えることにしています。

スルメでいただけば本当に幸せです。

シメサバも肴として好きです。

https://airinjuku.jp/

Imgp4211

2019年7月 7日 (日)

麻布の骨董店から原稿依頼

麻布の骨董店から「浄法寺椀」に関する原稿依頼がありました。

どのように使われるかわかりませんが、拙文が何かの役に立てばうれしいです。

学術書に書かれていないことが、月刊誌や週刊誌に書かれていることがあります。

ですので、とりあえず「漆」に関する記述があるものを集めています。

いまはインターネットオークションが資料収集の場になっています。

時には、これまで点でしかなかったものが線で繋がることがあります。

その瞬間はうれしいです。

Imgp4181

長島研醸 さつま島美人 35度 [ 焼酎 鹿児島県 1800ml ]

新品価格
¥2,180から
(2019/7/7 10:52時点)

2019年7月 5日 (金)

南部忠臣蔵

二戸市福岡には南部信直公の葬儀を行ったと伝わる場所に曹洞宗のお寺、龍岩寺があります。

九戸政実が籠った九戸城下で、敵対した南部信直の葬儀が行われたのもなにかの因縁を感じます。

母校の校歌には、九戸政実と共に相馬大作が謳われています。

龍岩寺には下斗米秀之進将真(相馬大作)と、その門弟で同志の関良助の墓が残されています。

下斗米秀之進将真の先祖は、千葉氏の流れを汲む相馬氏の末裔で、将家の父である将達の代から六代以上に亘って、相馬氏の祖である平将門の「将」の字を通字として用いていました。

門弟の関良助は、鹿角生まれで本姓は小田島です。浄法寺の関家に養子に入りました。

南部家と津軽家の対立に端を発した「相馬大作事件」は、江戸の人々に「南部忠臣蔵」と言われ、人々の注目を集めました。

実は下斗米家と関家は、先祖を辿ると木地師につながるような資料もあるようです。

そういえば南部藩の御用木地師に関左衛門という人物がいました。

そんなことを調べながら、浄法寺の漆を考えています。

https://airinjuku.jp/

Urushimi

2019年7月 4日 (木)

珍しい形

東北では珍しい形の片口が送られてきました。

東北では珍しい形です。

琵琶湖周辺で見かける形です。

どっしりとしたスタイルですが、片口だけを見ると東北のほうが洗練されています。

でも、じっくり見ると何とも言えない愛着が出てきました。

これで片口収集30個ぐらいになりました。

目標は100個です。

https://airinjuku.jp/

Iimg1200x9001547283175xx60wp1363172

2019年7月 3日 (水)

新しい発見

漆についての原稿を書き直しています。

資料は何回も読んだはずなのに、今回も新たな発見がありました。

これまでいかにいい加減に読んでいたかわかります。

鎌倉や群馬の藤岡市などにも調べたいことが出てきました。

費用が欲しいです。

小遣い貯まったら行ってみたいと思います。

https://airinjuku.jp/

Imgp4175

2019年7月 2日 (火)

コーヒーポット

蕎麦には欠かせない湯桶。

江戸は円柱が多い様な気がします。

関西は角柱。

なんとなくです。

時代屋では、コーヒーポットとして重宝しています。

ボロボロの湯桶を復活させたいです。

Sl1600_20190702200201

ウェブページ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31