« 11回目の夏を目指して | トップページ | 紙ものコレクション »

2019年7月16日 (火)

昭和53年夏 駅蕎麦の思い出

昭和53年夏の高校野球岩手県大会の決勝戦は、盛岡一高と黒沢尻工業高校の対戦となった。

その対戦を北福岡駅の待合室で観戦していた。

200人ぐらいの観戦者が居たような記憶がある。

7回だったと記憶しているが、盛岡一高が逆転に成功し、そのまま試合に勝利し甲子園出場を決めた。

その7回の観戦中、小腹が空いたので駅蕎麦を食べていた。

食べ終わる前に逆転の場面があった。

その場面に見とれていて、蕎麦の入った容器をこぼしてしまった。

恥ずかしいやら何やらで、なんとかその場をしのいだ。

しかし、空腹は満たされない。

すると近くにいた人が蕎麦をおごってくれた。

よくよく話を聞くと、盛岡一高の卒業生だった。

この時の優勝で、盛岡一高が9回目の甲子園出場を果たした。

母校は昭和52年、昭和51年と決勝敗退。

甲子園の出場回数で抜かれた年であった。

その駅蕎麦を食べた建物もなくなり、駅名も二戸駅に変わってしまった。

当時は毎年夏になると、両校とも必ず優勝候補に名を連ねていたものだ。

令和の今では夢のような時代だった。

11回目の甲子園出場を、決勝戦で盛岡一高を破って果たしたらと考えると楽しい。

両校の奮闘を期待する。

Tky201207070464_20190716142301

https://airinjuku.jp/

« 11回目の夏を目指して | トップページ | 紙ものコレクション »

陣場台熱球録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11回目の夏を目指して | トップページ | 紙ものコレクション »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31