« 鉄鉢腕が京都に嫁ぐ | トップページ | 11回目の夏を目指して »

2019年7月16日 (火)

幕末の政治結社「会輔社」

幕末期の二戸地方に誕生した会輔社は、長州藩士との交流もあり、維新後には木戸孝允もやってきています。

その会輔社の中心人物が小保内定身です。

その小保内定身の足跡が紹介されている書籍を見つけました。

高校時代から、何となく調べてきましたが、電子書籍が無料で出版できる時代になったのでうれしいです。

後世に残す手段ができました。

そこまではよかったのですが、文章力が無いことと、資料が支離滅裂に整理していたので苦戦中です。

気長にやるしかないのですね。

https://airinjuku.jp/

Imgp4180

笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語

新品価格
¥1,512から
(2019/7/14 10:40時点)

« 鉄鉢腕が京都に嫁ぐ | トップページ | 11回目の夏を目指して »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄鉢腕が京都に嫁ぐ | トップページ | 11回目の夏を目指して »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31