« 古い漆器が集まりました | トップページ | 山口松山堂 »

2019年8月20日 (火)

南部椀考

古い郷土史関係の資料を読んでいたら、「南部椀考」という記事が目に入りました。
昭和30年ごろのもので「奥羽史談」に掲載されています。
投稿者は吉川保正という方です。

・南部椀の創は資料がない
・天台寺起源説も資料がない
・南部椀という名称は南部藩以外での呼称である
・南部椀が作られた古文書が見つかった
・浄法寺を中心とした地域である
・各地に出荷されていた
などが書かれています。

注目は、黒川眞頼著の工芸志料からの引用として
「天正18年蒲生氏郷会津領主となる。氏郷漆工に創て南部椀に模擬して以て漆器を製せしむ。是を会津塗といい、・・・・」とあります。

これを素直に読めば、会津塗の元祖は南部(浄法寺)ということになります。

https://airinjuku.jp/

Img_0_m_20190815110601

 

 

 

 

« 古い漆器が集まりました | トップページ | 山口松山堂 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古い漆器が集まりました | トップページ | 山口松山堂 »