« 箸の日 | トップページ | 冷酒 »

2019年8月 4日 (日)

近江型?

片口の木地を入手したことうぃ以前に書きました。

実際に手に取って調べたら、いろんなことがわかってきました。

注ぎ口の構造が根本的に違っているのです。

浄法寺では、注ぎ口は部品の一つで、それを単体で売っています。

今回入手した片口は、注ぎ口も一体構造です。

そのため、注ぎ口も含めた太さが必要になります。

どちらが優れているとかの比較は無意味です。

どちらも素晴らしい日本の技術です。

後世に伝えたいですね。

https://airinjuku.jp/

Imgp4241

Imgp4242

アイヌ刀 鞘 マキリ 魔切り 木彫り 北海道 骨董 カムイ 古民具 ナイフ

« 箸の日 | トップページ | 冷酒 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箸の日 | トップページ | 冷酒 »