« 南部こけし | トップページ | 大昌園 »

2020年2月 1日 (土)

二戸地方の酒造り

 南部藩では寛文元年(1661)には全領内で33軒の酒造業を公認しています。その石高は五十石と少ないものでした。33軒で五十石ですから、1軒あたり二石になりません。それが天和元年(1681)には189軒に増加し、造石高も三千六百石程度まで増加しています。僅か20年で70倍以上に増加です。

 地域別の増加は盛岡城下で6軒から62軒、花巻が2軒から20軒、遠野が1軒から9軒、紫波郡山が2軒から10軒、大迫が1軒から5軒、三戸が2軒から7軒、五戸が1軒から7軒と増加しました。二戸地方の詳細は調べていますが、詳細が不明です。3軒ほどは確実にあったようですが、資料をお持ちの方は教えてください。二戸福岡地方は、米の生産量が少なく、酒米は盛岡や沼宮内方面からの移入に頼ったらしく、少しの凶作でも酒造りが中止されたと想像されます。

 軽米町の元屋五郎助は、造酒高八国の免許を受ける際に五十両の税金等を納め、生産量は十一両二歩二朱と記録されています。それを約七十両で販売し、利益は約十八両でした。この税負担の割合は、令和の時代とほとんど変わらないということです。

 日本酒で乾杯!

https://airinjuku.jp/kikou/kikou.html

Kikou72

南部美人 純米吟醸 1800ml 岩手の日本酒

 

« 南部こけし | トップページ | 大昌園 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南部こけし | トップページ | 大昌園 »

ウェブページ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30