« 漆塗りの猪口 | トップページ | 桃味 »

2020年2月 3日 (月)

南部維新記

太田俊穂さんの著書「南部維新記」を読んでいて、40年前に聞いたある出来事に繋がりました。

昭和54年の秋だったと思いますが、母校の大先輩で剣道部の選手だった内藤正介さんから聞いた話です。

大正7年に盛岡で行われた剣道の大会で、新選組の隊士から指導を受けたという思い出話でした。

そんなことはないと、思って気になっていたのですが、そのままにしていました。

ところが、「南部維新記」によれば奥田松五郎が盛岡で武術を指導したとあります。

だとすれば、内藤正介さんの言葉は本当だったわけで、自分の不明を恥じています。

今となっては、内藤先輩に確認できませんし、奥田松五郎は当然生きていません。

盛岡中学で武術の指導をしたようなので、そのあたりから調べてみようかと思います。

https://airinjuku.jp/

Matsuda

Jumper Ezpad 6 Pro 11.6インチ2-in-1タブレットWindows10 FHD IPSタッチスクリーンラップトップ64ビットクアッドコアIntel Atom E3950 6GB RAM / 64GB EMMC / micro HDMI(キーボード付き)

 

 

« 漆塗りの猪口 | トップページ | 桃味 »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漆塗りの猪口 | トップページ | 桃味 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31