« サラダボウル | トップページ | 天保時代の資料 »

2020年7月19日 (日)

江戸期の捏ね鉢

池波正太郎の作品を読んでいます。

日本人に生まれてきた幸せを感じます。

今の日本に必要なこと。

それは江戸の再認識です。

グローバル化よりも、自分達の歴史を大切にしたいものです。

今回は200年以上前の捏ね鉢を、実際に使うことを想定して直しています。

完成したら、下手でも良いから蕎麦を打って友人達に振る舞いたいです。

ぜひ遊びに来てください。

Rimg0009

« サラダボウル | トップページ | 天保時代の資料 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サラダボウル | トップページ | 天保時代の資料 »

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31