« 江戸期の捏ね鉢 | トップページ | 浄法寺汁椀 皆朱 »

2020年7月25日 (土)

天保時代の資料

安比川流域の漆文化が注目されています。

古い漆関係のものを収集しているものとしては嬉しい話題です。

収集した中に、漆を入れていた甕があります。

出荷するためのものか、漆を購入した際のものかはわかりませ

天保13年ですから西暦1842年です。

「膏薬壺」とありますので、何か手がかりになりそうです。

メインブログ

 

 

 

 

 

約180年前のものです。

 

密かに「漆の町浄法寺」の宝物と思っています。

 

« 江戸期の捏ね鉢 | トップページ | 浄法寺汁椀 皆朱 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸期の捏ね鉢 | トップページ | 浄法寺汁椀 皆朱 »

ウェブページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31