« 15年前の画像 梅田川分校 | トップページ | 修理品 »

2021年4月16日 (金)

美酒 爛漫

子供心に残っているテレビコマーシャルに、日本酒の、美酒、爛漫があります。昭和40年代のことでした。どのようなコマーシャルだったか忘れましたが、爛漫という響きが残っています。大人になってから知りましたが、爛漫は秋田湯沢の酒でした。

近くの商業施設で、「むかしながらの にごり酒 」という張り紙に引かれて、爛漫の濁り酒を購入してみました。とろりと、新鮮な甘味と、滑らかな口当りで、子供の頃に、婆ちゃんが作ってくれた甘酒を思い出す味でした。

もろみの風味が、なんとも言えず懐かしいです。酒どころ、秋田にふさわしい酒です。

肴は、本当であれば、秋田のイブリガッコが欲しいところですが、本日は我慢します。

醸造元の「秋田銘醸株式会社」は、大正11年、“良質な米と豊かな水によって造られた秋田の酒を全国へ、”という願いと期待を受け、当時の酒造業ほとんどが、伝統的な家内工業でしたが、県内酒造家や政財界人等の出資者によって、株式会社として設立されました。県外市場で「美酒爛漫」の地盤を築くため、品質の優れた酒を安定供給が必須の条件と考え、設立当初から、量産可能な近代的設備を導入し、銘柄「美酒爛漫」は、一般公募によって選出したのだそうです。

https://airinjuku.jp/

1_20210416074801

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

« 15年前の画像 梅田川分校 | トップページ | 修理品 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15年前の画像 梅田川分校 | トップページ | 修理品 »