« 春の恵み | トップページ | 安比川流域の漆文化、「塗師のむら」  »

2021年4月14日 (水)

浄法寺五段重の「一部を発掘

近所の解体現場から連絡がありました。

古い漆器があるから持っていってほしいとの事。

大半が昭和40年代以降のベークライト製品でした。

その中に、犬のエサ入れとして使っていたのが画像のものです。

秘かにお宝ものです。

本来は五段重だと思いますが、一段だけの発掘でした。

発掘できただけでも幸運でした。

古漆器博物館に飾りたいと思います。

https://airinjuku.jp/

Cimg0931

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

« 春の恵み | トップページ | 安比川流域の漆文化、「塗師のむら」  »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の恵み | トップページ | 安比川流域の漆文化、「塗師のむら」  »