« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月31日 (月)

古漆器救出

知り合いの農家を解体中に出てきたものです。

部品もすべて揃っています。

ネズミも齧っていません。

綺麗に洗って、漆で固めれば素晴らしいオブジェになります。

暇ないので手が付けられませんが、素晴らしい未来の姿が浮かんできます。

https://airinjuku.jp/

Cimg1109 Cimg1108

 

 

2021年5月30日 (日)

古漆器割ってしまいました

江戸期の古漆器を見つけました。

きれいに拭き取ろうとして落としてしまいました。

割れた部分を紛失です。

修理が難しくなりました。

どのようにしようか思案中です。

https://airinjuku.jp/

193361939_3974909059259023_8174400864200

2021年5月27日 (木)

修理依頼

時々漆器の修理依頼が来ます。

新しい器に塗る事よりも、修理の方が多かったりします。

実は、修理の方が好きだったりします。

この時期は暖かくなり、湿度も高いので漆が固まる時期なんです。

急いで仕事をしないと、乾きが早くてやり直しということも多いです。

形の良い椀の修理なので、10年後でも使える器にしたいです。

https://airinjuku.jp/joboji/joboji-top.html

Imgp6618 Imgp6619

2021年5月26日 (水)

隅切り盆 八寸

未使用のコレクションです。

必要な方がありましたらお譲りします。

同じものを5枚所有しています。

和菓子を並べて楽しんでいましたが、未使用の三枚放出します。

40年ぐらい集めた古漆器を展示する空間を作りたいと思っています。

その資金とさせていただきます。

ご協力いただければ幸いです。

https://airinjuku.jp/collectitn/collection-top.html

Imgp6610 Imgp6611 Imgp6612

2021年5月24日 (月)

観音籤

天台寺に伝わる観音籤。

中尊寺のものより古く、日本最古級だとの事です。

その存在は知っていましたが、その価値を今再認識しています。

まさしく謎に満ちた天台寺です。

まずは「天台寺研究」の読破からです。

Img_0002

2021年5月20日 (木)

天台寺保存会

長年幽霊会員を務めている天台寺保存会から総会の案内が届きました。

一回ぐらいは総会に出たいと思っていましたが、今年は良い機会かもしれません。

facebookページに天台寺研究を開設したばかりでした。

案内は、なにか運命を感じています。

7年後に迫った1300年祭りを盛大に行いたいものです。

https://airinjuku.jp/

Imgp6600

 

2021年5月18日 (火)

江戸期の採取方法

浄法寺でも江戸期の漆液採取の技法が残っていません。

現在の技法は明治期に越前衆が伝えたものです。

江戸期の書き物を見ると、道具の形が違うようです。

はたして江戸期の浄法寺ではどのような道具で採取していたのでしょう。

とても興味があります。

漆の迷宮に入ってしまいました。

https://airinjuku.blog.fc2.com/

186515220_3938518916231371_2574226651594

 

2021年5月17日 (月)

謎の古刹 天台寺研究会

このたびfacebookページを立ち上げました。

謎の古刹天台寺ですが、その研究する会などは見当たりません。

ということで、今後はどのようになるかは分りませんが会を立ち上げます。

何の権威もない会ですが、天台寺の謎を究明できればと思っています。

そんなわけで、岩手日報から発刊された天台寺研究を再読しています。

httpshttps://airinjuku.jp/://airinjuku.jp/

Dsc_01161

 

2021年5月13日 (木)

天台荘

10年前は何かとお世話になっていた民宿天台荘。


数年ぶりに行ってみました。


民宿は、いまは休んでいる状況です。


築400年の古民家は、やはりとても落ち着く場所でした。


同行者と一致した意見に、ここでカフェをやってほしいでした。


コロナ禍で難しい情勢ですが、実現に協力したいです。


開店したときは宜しくお願いします。


https://airinjuku.blog.fc2.com/


185745481_105473008389997_50126830070771


 


 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2021年5月10日 (月)

45年前の三斎市

浄法寺の中心部では毎月2のつく日に市が立ちます。


藩政時代からの伝統です。


今では出店者も少なくなりましたが、それでも意外に賑わいます。


企画次第では地域活性化の切り札かもしれません。


画像は昭和52年頃の風景です。


ちょっと懐かしい風景です。


https://airinjuku.jp/


Skm_c30821050617001


 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ウェブページ

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31