« カジカ | トップページ | 漆の実を採取 »

2021年11月19日 (金)

追悼 瀬戸内寂聴尼

元天台寺住職の瀬戸内寂聴さんが令和3年11月9日に亡くなりました。

ウイキペディアによれば、「瀬戸内 寂聴は、日本の小説家、天台宗の尼僧。本名:瀬戸内 晴美。 僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士。元天台寺住職、同名誉住職。元比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民、京都市名誉市民、二戸市名誉市民。
作家としての代表作は、『夏の終り』『花に問え』『場所』など多数。1988年以降は『源氏物語』に関連する著作が多く、新潮同人雑誌賞を皮切りに、女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞などを受賞した。 大正から令和まで四世代を生きた作家でもある。」と紹介されています。

生涯に三度ほど対面で言葉を交わす機会に恵まれました。

その生き様には共感できない部分がありますが、浄法寺町や二戸市に対する貢献は多大です。

どのように瀬戸内寂聴さんが二戸地方に関わったかを、後世に伝えながら、地元の人々が上手に、言葉を換えれば「瀬戸内寂聴」を利用できるかが重要だと思います。

西暦2028年は天台寺1300年祭ですので、そのときまで生きていて欲しかったです。

 Image

http://airinjuku.web.fc2.com/

 

 

« カジカ | トップページ | 漆の実を採取 »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カジカ | トップページ | 漆の実を採取 »

ウェブページ

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31