« 鑑定依頼 | トップページ | 採取の技法 »

2022年4月12日 (火)

四ツ椀

浄法寺地方の旧家で使われていた四つ椀です。

使用人が使っていたもののようです。

丁稚にはいると二つ椀。

ある程度奉公すると三つ椀。

10年ぐらいすると四つ椀。

塗りもしっかりしていて現在の漆器の参考になります。

半年ぐらい磨き続けると素晴らし光沢が出てきますよ。

Bdhskyy6e4g3gy

https://airinjuku.web.fc2.com/

« 鑑定依頼 | トップページ | 採取の技法 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鑑定依頼 | トップページ | 採取の技法 »