« 四ツ椀 | トップページ | 杉の丸太 »

2022年4月13日 (水)

採取の技法

現在の浄法寺で採用されている漆掻き技法は、明治期に越前衆が伝えたモノです。

実は江戸期以前の技法は解っていません。

文献などによれば、何となく別な方法だったようです。

日本各地には、その地域独特の技法があったことが解りますが、越前の技術が今に残るようです。

そういえば、ホタテ貝に貝殻に不自然に漆が付着したモノを見たことがあります。

画像のようにして採取した名残でしょうか?

チャイナでは画像のような技法で採取してるようです。

Urushikaigara12

https://airinjuku.web.fc2.com/

 

« 四ツ椀 | トップページ | 杉の丸太 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四ツ椀 | トップページ | 杉の丸太 »