旅行・地域

2020年1月19日 (日)

酪農県イワテ

この頃はミルクティーを飲むことが多いです。


紅茶の葉には特にこだわりはありません。


というよりも、一般に売っているティーパックです。


でも牛乳にはこだわっています。


あまり牛乳味が強いと、個人的には何となくダメです。


地元の奥中山高原牛乳がちょうどいいです。


奥中山高原では、ほかにもチーズなどの乳製品が作られています。


国道4号線、八戸や盛岡から1時間。


スキー場などもあり、結構楽しめる場所です。


https://airinjuku.jp/


20190330082524161

なにゃーと物産センター 北いわて アイスクリームセット(12種類入)

 

2019年11月 6日 (水)

サイクリング中の戦利品

コッペパンとリンゴ8個で320円。

リンゴの産地二戸ならではの戦利品です。

自転車で走ると、丁度よい場所に産直があります。

田舎生活も楽しめます。

これで一か月20万円ぐらい稼げる方法があれば最高です。

モバイルワークで月収20万を目指します。

https://airinjuku.jp/

75543568_2500733926676551_62128250959544

2019年9月29日 (日)

産直での戦利品

産直での戦利品です。

「かりんとう」「ミニトマト」で栄養補給です。

価格も手ごろで助かります。

空は秋晴れですが、あと一か月もすれば雪が降ってもおかしくありません。

それまでには走り貯めをしておきます。

https://airinjuku.jp/

Imgp4321

2019年9月23日 (月)

イチノベパンの看板

イチノベパンの看板、なぜか懐かしいです。

ここのイギリスサンドが好きでした。

全酪の牛乳との相性が良かったです。

イチノベパンのブランドは無くなりましたが、二戸地方では今でも看板を見かけます。

時代の流れを感じます。

https://airinjuku.jp/

His_18_20190921113401

2019年9月20日 (金)

金田一温泉由来

横溝正史の探偵小説に出てくる金田一京助は、モデルが菊田一夫だといわれています。

菊田一夫は、日本の劇作家・作詞家です。横溝の家の近くに、有名な言語学者金田一京助の弟が住んでいたので、菊田一にする予定の名探偵の姓が、金田一となり、名前も金田一京助をもじって耕助としたということです。

モデルとなった金田一京助は、有名な言語学者で先祖は南部藩士です。

南部家の一族・四戸氏から分かれ、金田一に領地を授けられたことから、金田一と名乗ることになったといわれています。

二戸市金田一には湯田と呼ばれる温泉があります。

昭和41年に湯田温泉の温泉旅館「緑風荘」の庭に、金田一京助の歌を刻み込んだ「金田一家祖宗発祥の地」という碑が建てられ除幕式が行われました。

その夜の宴会で、金田一先生の記念碑ができたことをきっかけに、このさい名前を「金田一温泉」に変えてしまったらどうかという案が出て、それから湯田温泉ではなく金田一温泉となったそうです。

続 き

Kikou262

2019年8月 3日 (土)

徐々に距離感が戻ってきました

何となく距離感が戻ってきました。

自動車は無理ですが、自転車なら何とか乗れるかおsれません。

少しずつ挑戦してみます。

40年前には、東北一周をした思い出があります。

自転車はどんなものが良いでしょうかね。

https://airinjuku.jp/

Sim

2019年4月14日 (日)

イーハトーブの幽霊

今回の旅情ミステリーは「イーハトーブの幽霊」です。古書店で210円で見つけました。一応、岩手生まれなので「イーハトーブ」という言葉にはすぐに反応してしまします。この作品で述べられている「宮沢賢治」評も好きです。一関のジャズ喫茶「ベイシー」がさりげなく登場するのもうれしいです。

あらすじを紹介します。宮沢賢治が「イギリス海岸」と名付けた北上川の川岸に、男の他殺体が流れ着きます。花巻市が花巻祭りの準備で賑わう頃のことでした。被害者は「幽霊を見た」と話していました。取材で訪れていた浅見光彦は事件の渦中へ巻き込まれます。祭りが始まると、初日に「さいかち淵」で毒殺死体が発見されます。賢治の理想郷「イーハトーブ」で起きた連続殺人を浅見光彦が解決します。

作品の舞台になった花巻市は岩手県中央部の街です。市の西部に観光地として花巻温泉郷があります。宮沢賢治生誕の地であり、岩手県の名物である「わんこそば」発祥の地ともいわれています。

市内には、岩手県内唯一の花巻空港があります。東北新幹線新花巻駅、東北自動車道、東北横断自動車道などの高速交通網も整備されています。

安土桃山時代末期まで稗貫氏の本拠地でしたが、天正19年(1591年)の奥州仕置で没落すると、同年に南部氏の家臣である北秀愛がそれまでの「鳥谷ヶ崎」という名を「花巻」と改め、盛岡藩南境防御の要塞として城の改修や城下町の整備に着手し、稗貫・和賀2郡の行政の中心地となり発展しました。

「イーハトーブの幽霊」でも紹介されていますが、花巻まつりの山車運航は見事です。花巻を訪れたら、ぜひマルカン食堂へ行ってください。マスコミで何度も紹介されたバカでかいソフトクリームが評判の食堂です。地元の人はクリームが流れないように箸を使って食べます。

メニューもびっくりするほど豊富でうまいです。建物老朽化により2016年6月7日に閉店しましたが、花巻市内外からの強い復活を望む声により、有志・関係者が動き、2017年2月に再開しました。全国的に珍しいことでした。

旅情ミステリー的には、このマルカン食堂へ行くためだけに旅するのも楽しいかと思います。鉄道で移動中に文庫本を読むのも楽しいですよ。

 

Iimg1080x10801546479465zvxyos911757

カシオペア歴史研究所

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

2019年4月 6日 (土)

手仕事展

二戸駅前「なにゃーと」で開催される手仕事展!。
八戸や盛岡方面からも、多くの人がやってくるようです。
関東の知人から、今年もやるのかと問い合わせがありました。
なんでも、二戸手仕事展買い出しツアーを考えているそうです。
東京駅を朝に出発し、昼までに二戸駅到着。
数時間、手仕事展で買い物を支、小松製菓のチョコレート工場を楽しみ、20時ごろに東京駅着だそうです。
人気なのは、山ブドウの蔓で作った籠。
一人で数十万円分を買った人もあるそうです。
新幹線駅のおかげですね。
皆様のご意見を聞かせてください。

http://airinjuku.web.fc2.com/

0404011

 

2019年4月 3日 (水)

黒羽

数年前に那珂川町訪問しました。その時の画像が古いPCに残っていました。

前日の宿を旧黒羽町のホテルにしました。

部屋の廊下から外を見ると、心ひかれる建物が目に入ります。

奥州街道の宿場町だった歴史がしのばれます。

『芭蕉の里』という看板が目につきます。

この地に芭蕉と親交のあった黒羽藩家老の浄法寺さんが居りました。

以前に骨董オークションでその作品を見かけた事がありますが、なかなか素晴らしいものでした。

現在は大田原市となっておりますが、本来の奥州街道は黒羽を通ります。

明治期に鉄道を、現在の大田原市中心部に追いやった?ために廃れた旨の事を地元の方が言っていました。

また行きたいな~。

http://airinjuku.web.fc2.com/

Img_0-6_3

 

 

2019年2月27日 (水)

後鳥羽伝説殺人事件

浅見光彦シリーズの第1作は『後鳥羽伝説殺人事件』です。主人公の妹が犠牲者というストーリーにびっくりしたのを覚えています。

卒業論文の執筆のため、後鳥羽法皇が隠岐に流された道順を追って旅行していた正法寺美也子は、宿泊中の島根県の旅館で土砂崩れにあい、友人である浅見祐子と自らの記憶とを失ってしまった。彼女は友人の冥福を祈り、失われた記憶を取り戻すために再び旅行をしていたが、尾道市内のある古書店で自分の記憶に関わる1冊の書物を見つける。しかし、その日の午後広島県の国鉄三次駅構内の跨線橋で、彼女は絞殺死体となって発見されたが、彼女の遺留品からはあの本が紛失していた。

そのことに目をつけた野上刑事は捜査本部に報告するが、無視されてしまった。翌日、彼は正法寺美也子を目撃していた富永隆夫が殺害されたことをニュースで知ると、彼女のことを知るために東京へ出張した。彼は、そこで、浅見祐子の兄・浅見光彦と出会う。

後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)といえば、三種の神器を持たずに即位し、源氏から政権を取り戻すことを夢見て、承久の乱を起こした天皇です。そして最後は島流しという波乱万丈の生涯を送りました。

和歌にすぐれて、藤原定家らに『新古今和歌集』を撰せしめ,配流ののちもみずから撰を続け,『隠岐本新古今集』を完成します。

旅情ミステリーを読みながら、歴史を調べるのもたのしいものです。


https://youtu.be/CtSgckX6Qxg

ぶぶ漬け伝説の謎~裏(マイナー)京都ミステリー~ (光文社文庫)

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31