二戸地方

2020年1月11日 (土)

ウルトラクイズ

復活 その3

座敷童子で知られる金田一温泉は、昭和40年代に金田一温泉と命名されましたが、それまではなんと呼ばれていたでしょうか。
漢字二文字で○○温泉と言われていましたと。

答えをお分かりの方は、メールでお答えください。
締め切りは令和2年1月15日とさせていただきます。
メールはこちらのサイトからお願いします。

答えは公開しないでください。宜しくお願いします。

https://airinjuku.jp/quiz/quiz003.html

駅弁ひとり旅 : 12 (アクションコミックス)

2020年1月 3日 (金)

二戸小唄

 二戸出身で東京在住の方から、このサイトを見てと合わせがありました。「二戸郡の名所を紹介した歌があったのですが、分かりますか?」というものでした。追加情報として、「二戸地方の四季」が歌詞にでていたというものです。

 それは「二戸小唄」に間違いないと思い、歌詞を思い出してみました。

 春は折爪、山から明けて~~。何となく覚えていましたが、全部は思い出せません。調べてみても、完全に最後まで分かりません。高校時代の生徒手帳に、応援歌の一つとしてあったので、必死に探しましたが見つかりません。

 そして探す事数日。
 やっと見つけました。二戸市の川島一郎しの資料にあったのです。歌詞を見て、名曲だと改めて感心しました。 安代が二戸郡だった証拠です。この歌詞に出てくる名所を巡る企画も浮かんできます。この歴史を大切にしたいものですね。

 たしかレコードもあったような気がしますので、気長に探します。

https://airinjuku.jp/

 

Urushimuro_20200103162201

2019年12月27日 (金)

廃仏毀釈で被害を受けた天台寺

 奈良時代に天皇の勅命を受けた僧、行基(ぎょうき)が開山。平安時代には寺が整い、参道下の桂(かつら)の大木から湧く清水を霊水と崇め、古代における国内最北の仏教文化へ発展したと考えられている天台寺。

 14世紀には東北で勢力を拡大していた南部氏の保護を受け発展、17世紀、江戸時代には寺の再興、大修理を行い、27の末社を有する大寺院として隆盛を誇った。

 しかし、明治初期の仏教排斥運動「廃仏毀釈」により寺は激しく衰退。広大な土地は境内周囲のみを残し取り上げられ、文化財の破壊など、廃仏毀釈による国内最大の被害を被ったといわれている。

 今東光大僧正も、瀬戸内寂聴尼も惚れた「薬師如来坐像」。平安末期の丈六仏であり貴重な文化遺産。
なんとも言えない不思議な仏像。

 天台時は、法隆寺とともに廃仏毀釈による最大の被害を受けた寺院だということを覚えてください。

https://airinjuku.jp/kikou/kikou077.html

020

 

 

2019年12月26日 (木)

45年前の金田一温泉

昭和49年ごろの金田一温泉祭りです。

川面で花火を見たものでした。

今よりも幻想的な雰囲気で、人通りも多かったように思います。

コーラと焼き鳥10本で300円ぐらいだったような記憶もあります。

ついこの間なんですが、まるで別世界のような記憶です。

ぜひ金田一温泉においでください。

https://airinjuku.jp/

5

2019年12月25日 (水)

10年前の風景

10年前の浄法寺中心部です。

この建物も解体されました。

ここ10年の変化は、とても大きいです。

地域消滅の危機は現実かもしれませんね。

無駄な抵抗かもしれませんが、地域に交流人口が増えるように頑張ります。

https://airinjuku.jp/

Ijouboujibil

2019年12月21日 (土)

宝探し

平糠と江刈の金山

葛巻の江刈では、かつては金を産出し大いに賑わったようです。盛岡藩から寛文 4 年(1664)に分立した八戸藩領内にあり、現在は岩手郡ですがが本来は九戸郡の村でした。

当金山は元禄 4 年(1691)に八戸藩最大の金山として発見され、採掘を開始しました。これに伴い八戸藩では江刈金山奉行、江刈金山岩口御金奉行、また、江刈金山小屋掛奉行などを配置し、藩直営で採掘に取り組んだものです。
今でもこの頃の採掘坑道の跡が、町内各地で散見されます。

延宝元年(1673)6 月 21 日の八戸藩日記に「葛巻之内蒲ケ沢、九戸郡の内瀬之木此両処御金山望申付而被遺候云々」の金山運上証文が残されています。金山の所在地は、盗掘防振為に明確でないが、葛巻町一帯にから金が産出されたことは確実です。

盛岡藩領の二戸郡平糠金山とは、冬部地区の根地戸山を挟んで至近距離で接する関係にあり、根地戸山地区に鎮座する穴子観音と言う祠堂には平糠金山から採取した純金で作られた一寸八分の聖観音像が安置されています。

東北地方有数の金山と言われるのが平糠金山です。中世末期~江戸期には確実に金を算出していたようですが、文献的な裏付け多くないことから、隠し金山だったといわれています。採掘自体は昭和初期まで行われていたと伝わっています。金のほかにも辰砂が採れたようです。

平糠に伝わる昔話では、「山歩きの好きなおじいさんがキノコ採りに出かけ、山の頂で見つけたのが光る砂。国府に届けたところ我が国初めての黄金とわかり、天子様に献上した。その後、金掘りが始まったが坑の入口に金の観音様をつくった。今に残る穴子観音である。」と伝わっています。

https://airinjuku.jp/

A009441

 

 

 

2019年12月15日 (日)

二戸パークホテル

40年前にこのホテルが開業しました。

開業した年の冬、同窓会の会合があり、その場で校歌の指揮をとりました。

Hの旗を振って何かを壊した記憶があります。同窓生ですぐに弁償してくれました。

若気の至りでした。

このホテルを時々利用させていただきますが、老朽化したことを感じます。

利用を促進し、二戸地方の数少ないビジネスホテルを盛り上げたいものです。

まずは、ランチでも食べて盛り上げますか。

https://airinjuku.jp/

76781342_2579391065477503_75748906386304

2019年12月11日 (水)

シトギ

岩手県北に伝わる不思議なたべもの「シトギ」

文字に表すと、発音がうまく表現できません。

この季節になると食べたくなります。

標準語ではなんと表現されるんでしょうか。

わかる方は教えてください。

https://airinjuku.jp/

78817512_2194425107529581_40524702384222

2019年11月30日 (土)

さかえ食堂

残念なお知らせです。

地域内の数少ない食堂が閉店していました。

ここの「餡かけラーメン」が好きでした。

ラーメンもあっさり味、鶏ガラと煮干しの出汁です。

やっぱり人口減が大きな理由なんでしょうね。

老人世帯への給食などを組み込ませながら、地域の食堂を残せないかと考えるこの頃です。

https://airinjuku.jp/

064

藤原製麺 旭川らぅめん青葉醤油 114g×10袋

2019年11月 5日 (火)

鳥越観音

一戸町鳥越にある鳥越観音。

久しぶりに参拝しました。

自転車で行ったのですが、頂上までは徒歩で行きました。

まさに秘境で、ご利益がありそうです。

途中で干し柿を作る風景が、日本の秋を象徴していました。

https://airinjuku.jp/

Ygr7drfd

より以前の記事一覧

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31