漆芸

2019年6月26日 (水)

塗りなおし

形の良い椀の塗りなおし依頼がありました。

漆器はどんどん使って塗りなおしてほしいです。

今回塗りなおせば、100年後でも使えると思います。

適度な湿気を与えるために、本当は毎日使ってほしいです。

軽く水洗いして、乾いた布で拭くだけです。

数年後にはとても良い器に育ちます。

https://airinjuku.jp/

Imgp4128

2019年6月24日 (月)

古文書

江戸末期の漆芸に関した古文書を解読しています。

同じ日本語なのに苦戦していますが、何とか終わりそうです。

解読して文字になれば90%は意味が理解できます。

いずれにしても浄法寺の漆芸に関する貴重な資料です。

いずれは出版したいと思っていますが、費用を考えると電子書籍での出版が現実的なようです。

はたして興味のある方がいるんでしょうか。

皆様の考えをお聞かせください。

https://airinjuku.jp/

Imgp4097

2019年6月 5日 (水)

イタリアに渡りました

イタリア南部からの発注で送りました。
和洋折衷のお盆です。

拙い英語説明で通じたのでしょうか?
彼の国でどのように使われるんでしょう?。
興味は尽きません。

Iimg800x6001544252773ounwcj137312-1_4

https://airinjuku.jp/

蒔絵 浄法寺漆 蒔絵時計 漆塗り 大川 彰 作 浄雅 JOGA MAKIE 漆文字盤 「是真 とら図」 自動巻 メンズ 腕時計 G01-037

2019年6月 4日 (火)

南部うるし

電子書籍の原稿を書いています。

一日1000文字ぐらいで、2万文字ぐらいになりました。

資料として「南部うるし」を読み返しています。

これまでも何度も読んだはずなんですが、新たな発見がありました。

発見というより、「気づき」なんでしょうね。

著者とは40年前にお会いしたことがあります。

今であればお聞きしたいことがたくさんあります。

それでも、素晴らしい資料を後世に残してくれたことに感謝です。

Iimg1200x9001526530865oumxnl37687

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

2019年5月27日 (月)

明治初期の注文書

明治4年ごろから明治末にかけての注文書です。

こちらは明治になったためか半分ぐらいは読めます。

漆芸の歴史を調べている方には興味深い内容です。

酒田や新潟方面の地名が見られますので、もしかしたら北前船による物流の資料かもしれません。

こちらも電子書籍による公開を考えています。

気長に原稿を書きますのでよろしくお願いします。

Rimg0046

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2019年5月26日 (日)

古文書

浄法寺町内の旧家から出てきた古文書。

秘伝書です。

同じ日本語名なのに、8割は読めません。

全く情けなしです。

義務教育で英語を教えるより、古文書の読み方を教えたほうが日本のためです。

AIの発達で語学の壁はどんどん低くなっています。

さて、この古文書を電子書籍化しようと思います。

紙での出版は費用と在庫管理が難しいですが、電子書籍であれば個人でもなんとかなりそうです。

出版のできた際は、ぜひ購入をおお願いしたします。

Rimg0045

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

楽天

2019年5月23日 (木)

なぜかアクセスが急上昇

昨日のアクセスが急上昇です。

22222人目のキリ番を軽く超えてしましました。

キリ番の方、自己申告ですのでお知らせください。

複数あった場合は無効とさせていただいて、次回にキャリーオーバーとします。

それにしても、時々アクセス数が急上昇する日があってビックリです。

Iimg800x6001544252773ounwcj137312-1_1

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 浄法寺椀溜め

価格:7,020円
(2019/5/23 17:42時点)
感想(0件)

2019年5月20日 (月)

縄文の流れ

古式浄法寺塗の最大の魅力はその絵付けにあります。
施された漆絵は大らかで時として稚拙と表現されます。
他の漆器産地ではあまり見ることのできない精神性の高い紋様が特徴です。
古式浄法寺紋様として描かれた漆絵は、家紋や草花文、熨斗文、鶴亀文から、大津絵や古九谷の紋様につながる暮らしの歳時記がのびのびと描かれています。
 
江戸期の商人たちの手により、北海道のアイヌとの交易品として使われ、アイヌ民族では「イタンキ」と呼んで神事に欠かせない器となったのも古式浄法寺紋様で描かれた漆器です。

 

また、アイヌたちはアムール川流域の山東人達ともイタンキを使って交易し、現在でも時々ロシアでは古式浄法寺紋様の漆器が発見されるようです。北方の民族は、驚くほど古式浄法寺紋様の漆器を大切に扱うそうで、その精神性は青森県の三内丸山遺跡などに連なる縄文文化の魂なのかもしれません。

 

35d635fb113bc939dadd55b85606a8c3

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

 

2019年5月19日 (日)

塗り箸と箸置き

塗り箸と箸置き出てきました。

箸置きは、ちょっとしたツマミ入れに使えます。

数はありませんが、ちょっと面白い道具です。

ヤフオクに出品中です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o318431908

Imgp3919

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀朱

価格:13,500円
(2019/5/19 17:08時点)
感想(0件)

2019年5月15日 (水)

鳥越の竹細工

地元のじいちゃんが作った「竹かご」です。
材料から厳選して作ったモノですよ。
手間に比較して価格は破格に安いです。
一般的に販売されている、東南アジア製の製品と比べると、その品質の良さがわかります。
ぜふ鳥越の竹製品を使ってみてください。

 

04040439

 

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

 

岩手県鳥越地区の竹細工 岩手県二戸 鳥越竹細工 スズ竹 市場かご 尺(底補強無し)(W31cm)

より以前の記事一覧

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30