漆芸

2019年8月20日 (火)

南部椀考

古い郷土史関係の資料を読んでいたら、「南部椀考」という記事が目に入りました。
昭和30年ごろのもので「奥羽史談」に掲載されています。
投稿者は吉川保正という方です。

・南部椀の創は資料がない
・天台寺起源説も資料がない
・南部椀という名称は南部藩以外での呼称である
・南部椀が作られた古文書が見つかった
・浄法寺を中心とした地域である
・各地に出荷されていた
などが書かれています。

注目は、黒川眞頼著の工芸志料からの引用として
「天正18年蒲生氏郷会津領主となる。氏郷漆工に創て南部椀に模擬して以て漆器を製せしむ。是を会津塗といい、・・・・」とあります。

これを素直に読めば、会津塗の元祖は南部(浄法寺)ということになります。

https://airinjuku.jp/

Img_0_m_20190815110601

 

 

 

 

2019年8月11日 (日)

塩辛のお通し

加賀百万石のおひざ元、金沢の方から50個注文いただきました。

酒席でお通しとして使うそうです。

日本海で捕れたイカを塩辛にして提供するとの事。

考えただけで酒席が楽しくなります。

日本酒と塩辛は、日本人に生まれてよかったと思う組み合わせです。

近い将来に開館予定の「古漆器」展示館で、地元の酒を飲みながら古漆器を眺めたいです。

遊びに来てください。

https://airinjuku.jp/joboji/joboji-hidehira/rekishi-top.html

Hakuchizu_20190811204501

2019年8月 4日 (日)

近江型?

片口の木地を入手したことうぃ以前に書きました。

実際に手に取って調べたら、いろんなことがわかってきました。

注ぎ口の構造が根本的に違っているのです。

浄法寺では、注ぎ口は部品の一つで、それを単体で売っています。

今回入手した片口は、注ぎ口も一体構造です。

そのため、注ぎ口も含めた太さが必要になります。

どちらが優れているとかの比較は無意味です。

どちらも素晴らしい日本の技術です。

後世に伝えたいですね。

https://airinjuku.jp/

Imgp4241

Imgp4242

アイヌ刀 鞘 マキリ 魔切り 木彫り 北海道 骨董 カムイ 古民具 ナイフ

箸の日

今日は8月4日で箸の日です。

数年前に「漆掻き」をイメージして作った箸をお買い上げいただきました。

長年使った箸も供養のために引き取らせていただきました。

時期をみて、福蔵寺か天台寺で供養していただきます。

それにしても暑い日が続きます。

体調管理に気をつけましょう。

https://airinjuku.jp/

Sl1600_20190804083301

2019年7月30日 (火)

東雲

岩手町の知り合いから、漆の木を買い取りました。

若手の漆掻き職人に掻いてもらおうと思っています。

その漆で、葛巻産木地の器を塗るつもりです。

買い取った御礼に、岩手町の銘菓をいただきました。

熱いほうじ茶でいただきました。

日本人に生まれた幸せを噛みしめています。

https://airinjuku.jp/

9613

 

 

2019年7月22日 (月)

漆の木

漆の木の勢いがすごいです。


漆掻き作業も盛んに行われています。


かつては日本全国行われていた風景ですが、浄法寺を中心にわずかに残るだけです。


各地で復活の機運が盛り上がっています。


国産漆の増産に成功して欲しいものです。


https://airinjuku.jp/


 

岩舘隆 岩手、浄法寺 三.五寸片口

価格:14,040円
(2019/7/23 07:27時点)
感想(0件)


2019年7月 2日 (火)

コーヒーポット

蕎麦には欠かせない湯桶。

江戸は円柱が多い様な気がします。

関西は角柱。

なんとなくです。

時代屋では、コーヒーポットとして重宝しています。

ボロボロの湯桶を復活させたいです。

Sl1600_20190702200201

2019年6月30日 (日)

原稿は一休み

原稿が行き詰っています。

休息の意味で古漆器を磨いています。

気に入ったものしか残していないので、最盛期に比べて数が大分少なくなってしまいました。

嫁ぎ先で大切に使われていることを祈っています。

漆では「浄法寺」という、先人が残してくれた宝物があります。

それを生かした地域づくりをしたいと思っていましたが、健康状態から一時休止です。

あきらめてはいませんので、完成したときは遊びに来てください。

https://airinjuku.jp/

Imgp4172

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2019年6月29日 (土)

坪椀の修理依頼

昭和の時代にお買い上げいただいた坪椀。

修理を依頼されました。

新品を購入いただくのもうれしいですが、個人的には修理が好きです。

江戸幕府の時代は「椀直し」という職業がありました。

世界的に見ても珍しい職業です。

江戸の日本人を見直したいものです。

ぜひ、漆器を修理して長く使ってください。

https://airinjuku.jp/

Imgp4165 Imgp4164

2019年6月27日 (木)

スプーンが海外へ

漆塗りのスプーンセットが海外へ嫁ぎます。

漆器は軽くて送料も比較的安いので、輸出に向いていると思います。

ただ、説明の英学が難しくて、ちょっと大変です。

ですが、何とか伝わっているようで、時々海外から注文があります。

そして、大変光栄なことに日本製を欲しがってくれます。

ありがたいことです。

欧米人にも気に入られる製品を作りたいものです。

https://airinjuku.jp/

Sl1600

岩舘隆 岩手、浄法寺 五寸そば椀朱

価格:13,500円
(2019/6/27 19:47時点)
感想(0件)

より以前の記事一覧