ウェブページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

陣場台熱球録

2018年4月 5日 (木)

一戸の野球小僧 小田野柏

一戸の野球小僧と言えば小田野柏さん。

スライドショーを作ってみました。

戦争がなければ、もっと偉大な記録を残したと思われます。

創生期のプロ野球界で、一戸の人が活躍したのです。

よろしければスライドショーをご覧下さい。

https://youtu.be/EKdl5ojhHNI

021

今すぐ使えるかんたんEx YouTube 投稿&集客 プロ技セレクション

新品価格
¥1,814から
(2018/4/4 19:44時点)

2018年4月 4日 (水)

選抜大会で思い出すこと

昭和3年春、福中野球部は春の大会に選抜されました。

しかし、予算不足などを理由に辞退。

東北北海道からは初めて選抜されたのでした。

夏は10回出場していますが、春は出場無し。

ある意味で珍記録ですね。

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=QJ3c6GldnOE

0193


2018年4月 1日 (日)

小田野柏物語

日本で初めて天覧試合の本塁打を放った小田野柏さん。

戦後は、福中の後輩を引き連れて常磐炭鉱でも活躍します。

常磐炭鉱は社会人野球の強豪として知られるようになります。

写真は小田野さんが、常磐炭鉱の選手として活躍した頃のモノとなります。

小田野さん本人が大切にしていたモノをお借りしました。

写っている人の大半は亡くなられています。

もっといろんなことを聞いておけば良かったです。

小田野柏物語 自作動画

121212bskldzy


岩手産トリモモ肉 1kg【鶏肉】【48時間限定タイムセール】【東北復興_山形県】

価格:1,620円
(2018/4/1 08:23時点)
感想(56件)


ユニフォームまで訛る

ユニフォームまで訛ると言われた福岡のユニフォームです。

選手達が「ふごおが」と発音するのを「ほこおか」と聞こえたとの伝説もNHKで言われました。

そんな母校のユニフォーム物語を掲載しました。

よろしければ見て下さい

https://www.youtube.com/watch?v=fbXbFmdAy9A

Img_0

甲子園100年物語 ([バラエティ])

新品価格
¥12,396から
(2018/3/31 19:00時点)

2018年3月30日 (金)

小田野柏さん

日本で初めて天覧試合の本塁打を放った小田野柏さん。

戦後は、福中の後輩を引き連れて常磐炭鉱でも活躍します。

常磐炭鉱は社会人野球の強豪として知られるようになります。

写真は小田野さんが、常磐炭鉱の選手として活躍した頃のモノとなります。

小田野さん本人が大切にしていたモノをお借りしました。

写っている人の大半は亡くなられています。

もっといろんなことを聞いておけば良かったです。

小田野柏さん動画

121212bskldzy


http://www.airinjuku.com/index.html

2018年3月 9日 (金)

陣場台熱球録 #37

平成13年は学校創立100周年であった。

春季大会は区予選代表決定戦で福岡工業高校を15-8で破り県大会に出場した。
県大会では一回戦7-3水沢工業、二回戦4-9花北商の成績だった。

春から夏にかけて打撃陣の成長が著しく投手陣も安定しだし期待が持たれた。
夏の大会は、一回戦14-2水沢農、二回戦11-1盛岡工業、三回戦8-5釜石南、
四回戦4-0宮古と順調に勝ち進みベスト4進出を決めた。

このころから関係者の間では「100周年で甲子園」の期待が高まった。

準々決勝の花泉高校戦は8-2で勝利し昭和60年以来のベスト4進出を果たした。準決勝の相手は優勝候補の盛岡大学付属戦。序盤から投手陣が好投を続け、打撃陣の奮起に期待が持たれたが0-4で敗れた。

しかし、敗れたとはいえこの年の快進撃は県内のファンに「古豪復活」を印象づけた。私立校の台頭する県内にあって、「公立の雄」と呼ばれ始めたのもこのころからであった。

秋の新人戦は地区代表決定戦で福岡工業を8-7で破り県大会に出場した。県大会では準決勝で1-3と一関学院に敗れた。3位決定戦に回り4-1で大船渡工業を破り東北大会出場を決めた。東北大会では初戦で酒田南に0-7で敗れた。序盤の拙攻が悔やまれる敗戦であった。

カシオペア歴史研究所

037


佐幸 山のきぶどう600ml

新品価格
¥1,835から
(2018/3/9 12:34時点)


2018年2月25日 (日)

陣場台熱球録 #36

夏の大会は奮闘した。

一回戦で11-1岩泉田野畑、二回戦8-2大船渡工業、三回戦6-5盛岡農業、四回戦5-4一関工業を降して、昭和60年以来のベスト8進出を果たした。

準々決勝はこの年に準優勝した花巻東高校。

山口投手は好投し花巻東を2点に抑え守備陣も踏ん張ったが打線が8残塁ともう一本出ずに惜敗した。

秋の新人戦は地区代表決定戦で10-2と福岡工業を破り県大会に出場した。

県大会の初戦は8回コールドで遠野高校、二回戦では8-3で水沢高校、準々決勝では7-6で盛岡商業を降しベスト4に進出した。

準決勝では延長13回で一関一高に3-4でサヨナラ負けを喫した。

東北大会出場をかけた三位決定戦は千厩高校に1-2で敗れた。

036


http://www.airinjuku.com/index.html

南部美人 特別純米酒

新品価格
¥1,390から
(2018/2/19 20:09時点)


2018年2月16日 (金)

陣場台熱球録 #35

昭和62年の春季大会は地区予選を突破して県大会に出場、県大会の初戦で1-6と盛岡工業に敗れた。

春から夏にかけて守備も安定しだし、捕手からコンバートされた石輪投手の仕上がりもよく夏へ向けての調整が順調で期待がもたれた。

初戦の相手は専大北上高校。

この試合は雨天による試合中断を含み岩手県高校野球史上最長の試合として記録されている。

7-7で延長戦に突入、ここで雨天のために約120分の中断で試合は再開された。

専大北上は再開直後の石輪投手を攻め3ランホームランで3点を奪い試合を決したかに見えた。

その裏の福岡の攻撃は、昭和主将の恵津森選手の2ランホームランで1点差まで詰め寄り二死二塁と一打同点の場面まで詰め寄ったが武運拙く1点差で破れた。

「福岡で野球ができて幸せだった」との恵津森主将のさわやかなコメントが印象的だった。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

035

2018年2月 2日 (金)

陣場台熱球録 #34

 小鳥谷中学校(一戸町)出身の斎藤幸二投手と蟇目中学(新里村)出身の奥堂捕手とバッテリーを組み新チームを引っ張った。

春季県大会は本校と二戸市営球場で開催された。地区予選決勝で沼宮内高校を6-5で破り県大会に出場したが、地元開催の期待に応えることなく初戦で専大北上に敗れた。

 秋から春にかけての成績それほどでもなく、地元ファンもこの年のチームにはそれほど期待をしていなかった。ところが春から夏にかけてエース斉藤投手の調子があがり、ピッチングは見違えるようになった。夏の大会本番には地元ファンの中で「今年はやるかもしれない」という期待が生まれた。

 夏の大会は7月20日から始まった。初戦は7-0で千厩高校を退けた。続く三回戦は水沢工業との対戦だった。試合は終盤まで両チームとも無得点が続いた。終盤に水沢工業はチャンスを作り右翼方向に大きな打球を飛ばした。これが抜ければ0対0の均衡が破れ、水沢工業に試合が傾くという場面で福岡右翼手小船栄幸がグラブの先端で好捕しピンチを免れた。このプレイで流れが変わった。9回表に打線が奮起し2点を奪い2-0で水沢工業を退けた。

 続く準々決勝は岩手県南の伝統校一関一高であった。関高と呼ばれ戦前からのライバル校との対戦とあり多くのオールドファンが球場につめかけた。同じメロディーの校歌も話題に上った。関高は優勝候補の一角であった専大北上を破っての準々決勝進出であった。試合は福岡が先行し、終盤に関高が追い縋るという展開になったが4-2で勝利を収めた。

 準決勝は盛岡工業との対戦となった。戦前の予想では互角の戦いと伝えられたが、福岡の勢いは止まらず、8-1の7回コールドゲームで勝利を収めた。

 決勝戦の相手は5年前と同じく水沢高校である。水沢高校の監督は5年前に福岡を甲子園に導いた斎藤諒監督であった。対する本校の監督は水沢高校OB佐藤監督。新聞は因縁の対決と書き立てた。水沢高校は小川投手を中心にまとまった好チームであり、接戦が予想された。

 決勝戦は福岡が先制した。すぐに水沢高校が追いつき、試合は終盤までもつれた。6回裏に福岡が2点を上げて勝ち越し、そのリードをエースの斎藤投手が守りきった。見事10回目の甲子園出場を果たしたのである。

 10回目の甲子園出場を決めた選手を迎える地元は熱狂した。二戸駅前は1,000人の観衆で埋まり、「校歌」「凱歌」で野球部を迎えた。

 甲子園では初戦で佐賀商業と対戦した。昭和55年と同様に、一般生徒400人、地元の関係者2,000人の応援で試合に臨んだ。試合は接戦となったが4-6で敗れた。

 破れたとはいえ、伝統的なユニフォームや関係者の熱意は「岩手の福岡」を全国に知らしめた。

 なお、この年の夏の大会に行われている応援団幹事と生徒有志による「80キロ行軍」はNHKの全国放送でも取り上げられ、全国的にも反響を呼んだ。

http://www.airinjuku.com/

034_2

【送料無料】南部鉄器 壱鋳堂 鉄瓶 丸南部霰 1.5L MT-212〔IH調理器100V/200V対応〕南部鉄瓶 鉄瓶 IH対応 やかん ケトル 南部鉄 調理器具 岩手 伝統工芸品 ギフト 贈り物 プレゼント

価格:11,880円
(2018/1/30 14:32時点)
感想(0件)

2018年1月22日 (月)

陣場台熱球録 #33

 昭和57年夏の大会初戦の相手は盛岡一高と決まった。この対戦が決まると、両校共に県内最多の10回目の甲子園を目指して、戦い前の情報合戦が行われた。生徒や学校関係者は「盛岡よりも先に10回目の甲子園を」とか「盛岡一高だけには負けるな」などと気勢を上げた。
 マスコミも注目のカードとして、連日「注目の一戦」・「伝統の一戦」と報じた。

 しかし、この時のチームは満身創痍であった。大会直前にはエースの立花投手が故障というアクシデントに見舞われ、1年生の柳畑投手をマウンドに送らねばならなかった。当然、盛岡一高の優位が伝えられた。

 試合は、岩手県民注目の中で始まった。序盤は1年生の柳畑投手が好投し、5回までゼロ行進となった。盛岡一高の川村投手も好投を続ける。先攻したのは6回裏の福岡で1点を先取する。対する盛岡一高は、8回表に四球を足がかりに3安打を放ち1-3と逆転する。勝利を確信した盛岡応援席は、勝利の歌「盛高よいとこ・・・」を歌い始めた。

 しかし、この年のチームは2年前の一関工業戦の奇跡的逆転に匹敵する粘りをみせる。球場を揺るがす「コンバットマーチ」に乗せて9回裏に同点に追いつく。延長に入り3年生エースの立花投手を投入した。エースの投入で勢いづいた打線は、延長11回に和山選手のレフト前ヒットで劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 試合終了後、どこからともなく凱歌の大合唱となった。本来凱歌は優勝の時にしか歌わないものである。しかしこの時は例外であった。50年以上の時空を越え、大正期のオールドボーイ達も在校生と共に凱歌を熱唱した。甲子園出場に優るとも劣らない試合であった。

 続く二回戦は7-6の接戦で釜石工業を降した。

 続く三回戦も歴史に残る試合であった。対戦相手は花巻北高。試合開始は午後4時頃からだった。試合は速いテンポで進み乱打戦となった。6回を終わる頃には、「日没コールドになるかもしれない」事が両校に告げられた。7回表を終わった時点で6-11と花巻北高がリードしていた。7回裏の福岡の攻撃は薄暮の中で始まった。花巻北高の投手はコントロールが定まらず四球を連発した。外野に飛球が飛べばボールが見えずにヒットとなり、強い打球が飛べばヒットとなる状態であった。試合は7回裏の終了を待たずに13-11と福岡リードで日没コールドを宣言した。

 勝利に沸く福岡関係者。対する花巻関係者は、審判の裁定に納得できずに騒然とした騒ぎが深夜まで続いた。この試合は全国紙でも大きく取り上げられた。両校にとって後味の悪い試合となった。ミラクルと言われたこの年のチームも、続く準々決勝で住田高校に2-5で破れた。

http://www.airinjuku.com/jinbadai/jinbadai.html

033_2

鳥小肉(せせり) 原料型 (岩手産) 12kg (2kg×6袋) 焼き鳥 やきとり 焼鳥 Yakitori ヤキトリ セット 冷凍 キムラ食品 送料無料

価格:11,368円
(2018/1/20 11:22時点)
感想(0件)