ウェブページ

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
フォト
無料ブログはココログ

骨董

2019年2月 4日 (月)

梨地椀

八戸藩の関係者宅で使われていた椀です。

程度も良く残されていました。

自分用に3個残して出品します。

蓋のない状態で大きさは120ミリ,高さ55ミリです。

このままでも使えそうです。

https://youtu.be/y4dVkzZMisM

白洲正子私の骨董

中古価格
¥3,656から
(2019/2/4 16:38時点)

2019年1月31日 (木)

夜食椀

骨董品コレクションを放出しました。時代は幕末の頃の漆器です。夜食椀と書かれた箱に入っていました。享保の頃の作かと思います。直径12cm、高さ7,5cmです。

外側が濃い緑色で、内側が朱色です。産地は北陸地方と予想されますが、幕末期には浄法寺地方でも、緑色の漆がみられますので、浄法寺モノかもしれません。

なぜ夜食椀と呼ぶか不明です。江戸期の浄法寺地方は、一日二食だったとも言われていますが、そのあたりに、夜食椀を解明する手がかりがあるかもしれません。

塗りもしっかりしていますので、もしかしたらある程度の身分がある方が使っていたかもしれません。良い漆を塗っています。毎日使って、乾いた布やタオルで乾拭きすれば、数年後には素晴らしい輝きが出てきます。

時々、リサイクルショップで、江戸から明治にかけての漆器が、驚くほど安価で売られています。そんな漆器に、再び生命を与えてやりたいと思います。

この夜食椀は、ヤフオクで関東方面に嫁ぎました。100年を超えたアンティークモノです。22世紀に伝えて欲しいです。

Iimg1024x7681537074897rui4ql1094114

https://www.youtube.com/watch?v=y4dVkzZMisM


浄法寺漆産業 浄法寺塗 巖手椀(大) 朱 お椀 民芸 民藝 きょうの料理 漆器 国産漆100%

価格:16,200円
(2019/1/31 12:27時点)
感想(0件)


2019年1月23日 (水)

夜食椀gは嫁ぐ

骨董品コレクションを放出しました。時代は幕末の頃の漆器です。夜食椀と書かれた箱に入っていました。享保の頃の作かと思います。直径12cm、高さ7,5cmです。

外側が濃い緑色で、内側が朱色です。産地は北陸地方と予想されますが、幕末期には浄法寺地方でも、緑色の漆がみられますので、浄法寺モノかもしれません。

なぜ夜食椀と呼ぶか不明です。江戸期の浄法寺地方は、一日二食だったとも言われていますが、そのあたりに、夜食椀を解明する手がかりがあるかもしれません。

塗りもしっかりしていますので、もしかしたらある程度の身分がある方が使っていたかもしれません。良い漆を塗っています。毎日使って、乾いた布やタオルで乾拭きすれば、数年後には素晴らしい輝きが出てきます。

時々、リサイクルショップで、江戸から明治にかけての漆器が、驚くほど安価で売られています。そんな漆器に、再び生命を与えてやりたいと思います。

この夜食椀は、ヤフオクで関東方面に嫁ぎました。100年を超えたアンティークモノです。22世紀に伝えて欲しいです。

Iimg1024x7681537074900omaqc790771

浄法寺漆器工芸企業組合 岩舘隆 片口(4寸) 朱 国産100% 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産】 漆器

価格:38,880円
(2019/1/22 13:59時点)
感想(0件)

2019年1月11日 (金)

犬のえさ入れ

浄法寺の漆絵。

稚拙だけれど、何ともいえない魅力です。

30年ぐらい前は、数セット発掘しました。

今は1セットのみ。

それも、犬の餌入れとして使われてました。

程度も良かったものは、イタリアに嫁ぎました。

とても熱心に交渉されました。

リビングに、きれいに飾っていたようですが、素人補修で、漆以外の塗料を使ってしまったとのこと。

国内の塗師に、修理を依頼したいとのことでしたが、すべて断られました。

現在も、どのように修理するか思案中です。

妙案が浮かびません。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

1722202




2018年12月21日 (金)

アイワのラジカセ

アイワのラジカセ。

地元の誘致企業だったのでアイワ製持ってました。

でも、もったいなくて、このカタログのように海には持っていけませんでしたよ。

30年前は普通にあったんですが、急激に廃れた電化製品ですね。

でも、当時のミュージックテープは、当時の機械で聴きたいです。

http://www.airinjuku.com/


Img_0_m_2

【送料無料】島根県浜田産 香住屋 のどぐろ桜干し 390g /高級魚/ノドグロ/のど黒/赤むつ/あかむつ/お取り寄せ/通販/お土産/お祝い/お年賀/御年賀/

価格:3,535円
(2018/12/21 19:08時点)
感想(0件)


2018年12月19日 (水)

相馬焼の茶碗

35年以上前に購入した相馬焼の茶碗です。

初任給8万円ぐらいの時に、8千円ぐらいで購入したものでした。

大切に使ったので、とても良い雰囲気に仕上がったようです。

欠けたら漆で補修しようと思っていますが、欠けませんね。

行商に来た売人は、馬の絵が上手でした。

色紙に書いてもらったのですが、どこかにしまい忘れです。

酒、茶、コーヒーなどでこれからもお世話になることでしょう。

Komworks3img1200x9001544414617oaupz


2018年12月 2日 (日)

会津もの

古椀コレクションの中で、生産地が解らなかった椀。

ヤフオクに出ていました。

会津ものということが判明です。

たしかにしっかりした作りで、長く使えそうです。

今夜は、このお椀で豚汁いただく予定です。

熱い汁物は、漆器が良いですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Iimg600x4001543107733wozfzg6227191


2018年12月 1日 (土)

梨地椀

八戸藩関係者が所有していた椀です。

浄法寺で作られたものかどうかは不明です。

形も技法もなかなかです。

ヤフオク出品中です。

ぜひ使ってみてください。


Iimg640x4801542346817jmpd5b117404_3



2018年11月27日 (火)

アバ

漆の木で作った漁具を「アバ」と言います。

スウェーデンのポップスグループじゃありませんよ。(わかるかな~~)


漆の木は軽くて浮力が強いことから、かつては漁具(浮き)として使われました。

浄法寺地方では、その「アバ」作りで栄えたものです。

子供の頃は作りかけの「アバ」が農家の納屋に残っていたモノでしたが、今は全く見かけません。

東日本大震災で、追い打ちをかけるように流されたものと推測です。

Img_0

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

年越しそば 年越し蕎麦 年越そば ご予約 近日着 もokにしんそば 2食分入 セット 越前そば 2食 ニシン 甘露煮 1袋入そばつゆ付 鰊 甘煮 鯡 佃煮 つくだ煮ニシン蕎麦 にも にしん そば 蕎麦楽天 通販 お歳暮 販売 ギフト 歳暮

価格:1,080円
(2018/11/27 08:47時点)
感想(0件)


2018年11月16日 (金)

浄法寺平椀 

100年以上前に作られた平椀が出てきました。

触っただけで上質の漆を使っているのが判ります。

瀬戸内寂聴尼は、抹茶椀として使っていました。

手触りも口当たりも良さそうです。

工夫次第で面白い器になりそうです。

今日から、乾拭き器を育てます。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n306220602

Rimg0009

より以前の記事一覧