ウェブページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

骨董

2018年12月 2日 (日)

会津もの

古椀コレクションの中で、生産地が解らなかった椀。

ヤフオクに出ていました。

会津ものということが判明です。

たしかにしっかりした作りで、長く使えそうです。

今夜は、このお椀で豚汁いただく予定です。

熱い汁物は、漆器が良いですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Iimg600x4001543107733wozfzg6227191


2018年12月 1日 (土)

梨地椀

八戸藩関係者が所有していた椀です。

浄法寺で作られたものかどうかは不明です。

形も技法もなかなかです。

ヤフオク出品中です。

ぜひ使ってみてください。


Iimg640x4801542346817jmpd5b117404_3



2018年11月27日 (火)

アバ

漆の木で作った漁具を「アバ」と言います。

スウェーデンのポップスグループじゃありませんよ。(わかるかな~~)


漆の木は軽くて浮力が強いことから、かつては漁具(浮き)として使われました。

浄法寺地方では、その「アバ」作りで栄えたものです。

子供の頃は作りかけの「アバ」が農家の納屋に残っていたモノでしたが、今は全く見かけません。

東日本大震災で、追い打ちをかけるように流されたものと推測です。

Img_0

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

年越しそば 年越し蕎麦 年越そば ご予約 近日着 もokにしんそば 2食分入 セット 越前そば 2食 ニシン 甘露煮 1袋入そばつゆ付 鰊 甘煮 鯡 佃煮 つくだ煮ニシン蕎麦 にも にしん そば 蕎麦楽天 通販 お歳暮 販売 ギフト 歳暮

価格:1,080円
(2018/11/27 08:47時点)
感想(0件)


2018年11月16日 (金)

浄法寺平椀 

100年以上前に作られた平椀が出てきました。

触っただけで上質の漆を使っているのが判ります。

瀬戸内寂聴尼は、抹茶椀として使っていました。

手触りも口当たりも良さそうです。

工夫次第で面白い器になりそうです。

今日から、乾拭き器を育てます。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n306220602

Rimg0009

2018年11月15日 (木)

矢羽蕎麦猪口

矢羽の蕎麦猪口を落札しました。

なぜか矢羽文様が好きなんです。

少しずつ集めています。

漆塗りの盆に乗せると風情を感じます。

海外でも人気があるようです。

到着が楽しみです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005


Iimg1000x6671536591336rq14te5845


時代を経た椀

100年は経過した椀。

塗りなおして1年以上乾燥させていました。

風合いが良くなったのでヤフオク出品。

この度、関東方面に嫁ぎます。

形も色合いも素敵で、100年後にも使ってほしい一品でした。

Iimg640x4801541506714ifberx1981999


2018年11月14日 (水)

矢羽文様

なぜか矢羽文様が好きです。

ヤフオクでお買い得品だったので落札しました。

到着したら、まずお気に入りの酒をいただきます。

骨董に先生から、なんでも100個集めれば、その道の第一人者と言われました。

目標にしたいと思います。


Iimg1000x6671536591336rq14te5845


2018年11月12日 (月)

片口が海を渡る

かつては冠婚葬祭の酒席で使われた片口。

生活様式の変化で、近年は使われなくなりました。

でも、使ってみると意外に便利なんです。

そんな片口が海を渡って北海道へ嫁ぎます。

どのように使われるか楽しみです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Iimg640x4801538030127atrrft419460_2


【伏水蔵限定商品】寿セット(300ml×2) お歳暮 日本酒 地酒 冷酒 純米酒 お酒 ギフト 贈り物 贈答 飲み比べ 飲み比べセット 日本酒セット お酒セット 京都 詰め合わせ 誕生日 プレゼント 2本セット

価格:3,580円
(2018/11/11 18:33時点)
感想(0件)


2018年11月11日 (日)

三ッ椀が嫁ぐ

旧家で使われていた三ツ椀です。

このままでも実用可能です。

手引きろくろの温もりが伝わります。

この種のモノはなかなか出回らなくなりました。

この度、江戸方面に嫁ぎます。

実用で使って欲しいと思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Iimg1024x7681538651583rabe7t709967


2018年11月 7日 (水)

鉄鉢椀の謎

鉄鉢椀というと、現在ではちょっと大きめの椀を指すことが多いような気がします。会津や川連と言った産地でも同じようです。

しかし、本来は高台の無い底が平べったい椀を鉄鉢椀と呼んでいたようです。

岩手の古椀に「正法寺椀」という名椀があります。奥州市水沢の正法寺という曹洞宗の大きなお寺のお椀なのですが、かつては東北地方の曹洞宗の中心寺院として発展したところです。

永平寺、総持寺と並んで曹洞宗の寺院として知られ、末寺の数は1200を数えた頃もあったそうです。

正法寺椀は黒漆塗りの椀で、名椀として有名です。本来の正法寺椀は正法寺に少しあるだけで、一般に出回ることは少ないようです。

なぜ鉄鉢椀と呼ぶのか解りませんが、僧侶が托鉢するときに使う鉄の鉢に似ているからだと骨董商から聞いたことがあります。

時々「正法寺椀」という名前で販売されている漆器を見かけます。産地は北陸の漆器店だけみたいです。

ぜひ岩手でも正法寺型の鉄鉢椀を作って欲しいです。

ちなみに、正法寺は「しょうぼうじ」と読みます。語感が浄法寺(じょうぼうじ)と似ていますよね。浄法寺で正法寺型の椀を復活したらややこしいですね。

Th

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

より以前の記事一覧