浄法寺氏

2019年4月 4日 (木)

そのころの北東北 (昭和51年発行「天台寺 その謎に挑む」から)

「北方の人間」守る拠点?

山に囲まれた浄法寺町は今でも外部との交流はほとんど旧鹿角街道に頼っている。

冬は1メートル近くの雪に閉ざされ、農家の働き手の多くは葉タバコの収穫が終わると出稼ぎに行く土地柄だ。

天台寺はこの土地の小高い丘(標高320メートル)を拠点に早くから青森、秋田方面へと仏教の影響力を伸森嘉兵衛岩手大学名誉教授は「生きた人間にとって平地の方が食料を確保する点でも環境は良好なはずなのに“ばし、北東北の布教活動の中心になっていた。

山岳寺院”を築く必要はどこにあったのだろう」と疑問を投げかける。

天台寺の古い歴史を知る手がかりがない現在、研究者の考え方もまちまちだ。

高橋富雄東北大教授は「古代東北の地に、北に向かって伝播していった中央文化が、しっかりと根をおろしたことを物語る遺跡だ」と“歴史のシンボル論”主張する。

それによると「鎮護国家を旗印にした我が国の天台宗は9世紀半ば、その理想を実現しようと、六か国に法華経を置く塔(六所宝塔)を建てた。

関東以北では栃木と群馬がその地だ。天台寺はこの理想を北東北にも実現させようとしたものだ。

古代中央の軍事的北限は志波城が築かれた今の紫波郡あたりまでで、それ以北は蝦夷の住む‘異邦の地’であった。

青森、岩手、秋田の国境である地に建てられた天台寺は、北方の政治も文化も人間の生活も守るという大変な使命を負ったものだ」と主張。

“山岳寺院”の形にも「平地に寺院を建て学問所とした奈良仏教(南都六宗)に対して新興の天台宗は比叡山を厳しい修行の場としていた。

それは“守られたもの”ではなく、自らが“守る”ものとの気概だった。

天台寺も当然同じはずだ」という。

http://airinjuku.web.fc2.com/  

040401

 

キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

2019年3月22日 (金)

五三の桐

浄法寺の地名は、中世期にこの地方を治めた「浄法寺氏」に由来します。
浄法寺氏は鎌倉御家人畠山氏の庶流とされます。
一説には元久2(1205)年、畠山重忠とその子重保・重秀が鎌倉幕府に対して謀反を企てたとして誅殺され、出家していた三男重慶が難を逃れて浄法寺に下向し土着したと伝えられます。
また一説には「奥州藤原攻め」で軍功のあった畠山重忠の弟重宗に二戸郡が宛がわれ、
その後 重宗の嫡子が早世し嗣子がなかったため、鎌倉浄法寺で出家していた重慶が還俗して重宗の跡目を継いだとする説もあります。
いずれにしても鎌倉初期、安比川流域に進出した畠山氏は浄法寺氏を称して、勢力を拡大する過程で浄法寺城を築いたと考えられます。
室町期、浄法寺氏の事績は不明ですが、安比川流域に松岡・田山・大森氏等の庶流を配置し南部氏からも客将として認知され独立した在地勢力に成長しました。
浄法寺氏の使用した「五三の桐」です。秩父一族の流れでしょうか?。群馬県藤岡市(旧鬼石町)には、浄法寺の地名や浄法寺という寺院跡などが残ります。何か関連があるのかもしれません。
Img_0_2

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30